TOP > > 歯周病の放置は危ない!歯周病が心臓病の引き金になる怖い理由

歯周病の放置は危ない!歯周病が心臓病の引き金になる怖い理由

歯周病は放置しておくと危ない

食べ物を取り込む口は、体の健康の中でも一番に注目されなければならない部分です。最近では長期の病気を持つ人たちの口腔衛生を見直すことで、病気が治る日数が短くできたり、また、合併症を防ぐなどの効果があることがわかってきています。

日本人の成人で何らかの形で歯周病がある人は、全体の8割を超えているそうです。特にシニアと言われる40代~50代に多く、多くの人たちが歯周病に悩んでいます。

口の中に歯周病を抱えていると歯を失う原因にもなり、食べ物が噛めないなど、様々な障害が出てきます。さらに、歯周病が原因で他の病気を引き起こすことも多く、放っておくことは健康のためにとても危険なことなのです。

歯周病は心臓病の原因になる

歯周病は最近の研究で、心臓病の原因になることがわかってきました。それは歯周病菌が、口から体の中に入り込み心臓に到達すると、血管壁などに炎症を起こして心筋梗塞を含む心臓病を起こしかねないというのです。

この歯周病菌は血液の中に入ると血栓を作りやすくしてしまい、それが心臓にダメージを与えてしまうそうです。

まずは歯周病を防ぐこと

歯周病は長い期間にわたって進行し、また、治療も長期にわたります。まずは予防することを心掛けましょう。食後の歯磨きはもちろんのこと、歯垢をきちんと落とすことが大切です。

歯垢はそのままにすると歯石になってしまい、一度ついてしまった歯石は歯磨きでは落とせません。半年に一度は歯科医に診てもらい歯石を落とすようにしましょう。

歯磨きと並行して大切なのが、歯茎のマッサージです。歯磨きが終わったら指で歯茎を丁寧にマッサージして、血行を良くしましょう。

特に40代を過ぎる頃から歯茎が痩せてくるので、歯周ポケットが広がってしまいます。それを防ぐためにもマッサージは欠かせません。歯茎専用のブラシもあるのでそれを使って行うのも良いでしょう。もう一つ、寝る時に口呼吸をしている人や、鼻が悪くて口呼吸をしがちな人は要注意です。

寝ている間は唾液が減るために歯周病菌が活発になりやすいのですが、寝る時に口呼吸をしていると口の中が乾いた状態になってしまうため、さらに歯周病菌が活動しやすい状態を作ってしまいます。鼻が悪くて口呼吸をしがちな人も同様です。

健康への入り口が、まさに口だと言っても過言ではありません。虫歯と一緒に歯茎にも気を使って心臓病を防いでいきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る