TOP > > 悪習慣が招く最悪の結果とは?心臓病のリスクを下げ長生きする秘訣

悪習慣が招く最悪の結果とは?心臓病のリスクを下げ長生きする秘訣

よくテレビで健康や病気についての特集をしていますが、この時その人の生活習慣や食生活を参考にして、その人の予想寿命を公開することがありますね。テレビではどこか面白おかしく取りあげていますが、他人事ではないかもしれません。

生活習慣や食生活というのは個人差もありますが、長年かかって身につくものです。自分の親がそうである場合、一緒に生活している子供も親と同じ生活習慣や食生活になりますね。

もしも親が理想的で健康的な生活習慣と食生活を心がけているなら、子供もそれを自然と習慣にできるのでとてもいいことです。

しかしこの逆も大いにあり得ることです。子供の頃からそれが自然だと思い込み、当たり前のように続けてきたことなので自分では悪いと気づかないのも厄介なところです。

悪習慣がもたらす最悪の結果とは?

悪習慣を無意識に、長く続けていると確実に命に関わってくると言っていいでしょう。例えば高カロリーの食事を毎日食べ続け、ろくに運動もしなければブクブクと太っていくので肥満になります。

みなさんも良くご存知のように、肥満は糖尿病や心臓病のリスクを高めます。知らないとは言え、悪習慣を悪いこととは思わず毎日続けてしまうと、やがて自分の寿命を縮め早死することに繋がることを自覚することが大切です。

少し言葉は悪くなりますが、肥満の人は痩せている人に比べて早死するリスクが高いのです。しかし原因が食生活や生活習慣であるなら、それを改善することで早死するリスクを避けることも可能です。

これにはダイエットが欠かせません。脂肪の鎧を身にまとっているのは、危険な状態だということを受け入れ、体重を落とし脂肪を減らすことができれば、早死のリスクも回避できます。

自分の死亡年齢を知っておく

自分がいつ死ぬかと考えるのは少しマイナスなイメージもありますが、もしも肥満が原因で早死すると分かっていれば、少しでも長生きするため真剣にダイエットに取り組むことができますね。

これはインターネットなどでも簡単にできるテストがありますし、病院で健康診断をしてその結果予想寿命を算出してもらうこともできます。

今自分がどれほどの肥満体型であるかにもよりますが、深刻な場合はセルフチェックよりも病院で検査を受けたほうが確実でしょう。

もしも検査の結果死亡年齢が自分が思っていた以上に低くても、必ずその年齢で死ぬということではありません。今のままの悪習慣を続けていたらという前提なので、それを改善すれば寿命をのばすことも可能です。

あなたは何歳で死ぬ可能性が高いですと言われたら、かなりショックを受けることもありますが、その後の対策を練りやすいので前向きに考えていきましょう。

簡単なセルフチェック方法

ここである程度自分の寿命を予測できる簡単なテスト項目を紹介しておきます。

1.自分の血縁者に55歳以下で心臓病になった人がいるか?
2.毎日30分以上の運動を積極的に運動をしているか?
3.毎日の食事にこぶし5個以上の野菜を取り入れているか?
4.毎日お酒を飲む場合その量が1日5杯以上であるか?

このテストで確実な年齢を算出はできませんが、あてはまる項目が多いほど、寿命は短くなるということになります。血縁者に55歳以下で心臓病になった人がいる場合は、自分もそうなる可能性が高いので定期的に健康診断を受けましょう。

毎日は無理でも全く運動をしないで過ごすよりは、週に3回程度でも軽い運動を取り入れてみましょう。体操やストレッチなら毎日続けることができますね。何もせず座っているより、伸びをしたり意識して体を動かす努力をしてみましょう。

野菜不足も肥満の原因です。できるだけたくさん野菜を食べるよう食事の内容も見直してみましょう。肉ばかり食べていると体調も悪くなるので、野菜を多めに取り入れることで体調も良くなります。

お酒は適量ならいいのですが、飲み過ぎは寿命を縮める原因です。1日にグラス2杯までにするのがオススメです。

このように簡単な方法で心臓秒のリスクを回避し、長生きにつなげることも可能です。悪い生活習慣は早めに改善すれば最悪の結果を招くこともなくなります。今からでも遅くないので、悪習慣を断ち切り、健康的な生活を意識してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る