TOP > > 心疾患や脳卒中などの病気を予防するために必要な食事習慣

心疾患や脳卒中などの病気を予防するために必要な食事習慣

「一日一個のリンゴが医者を遠ざける」という言葉に代表されるように、リンゴなどのフルーツには、人体にプラスの影響を与える働きがあると言われてきました。

そんなフルーツ界を代表するリンゴには、突然死など、近年多くの死者を出している心疾患や脳卒中などの病気を、予防する効果があると言われているのです。リンゴがもたらす驚きの効果と、病を遠ざける上手な摂取方法をご紹介いたします。

リンゴがもたらした実績

イギリスの研究によって分かったことですが、「毎日のリンゴが医者を遠ざける」という言葉は正しかったようです。

というのも、7年間におけるリンゴに代表されるフルーツ摂取と、心疾患・脳卒中のリスクを研究・調査した結果、毎日リンゴなどのフルーツを摂取している人は、していない人に比べ、心疾患のリスクが15%、脳梗塞のリスクが25%、脳出血のリスクが40%も減ることが発表されたのです。

どれくらいのフルーツを摂取すべきか?

では心疾患や脳卒中のリスクを低減させるためには、どの程度のフルーツを摂取すればよいのでしょうか?まず、絶対に外せないのはリンゴです。リンゴというフルーツの健康効果については、この後更に詳しく触れていきますが、毎日摂取することによって、より発揮されます。

そして、心疾患や脳卒中というリスクを最小限にするために一番効果的な量としては、リンゴ1個とバナナ半分を1日に摂取する程度が最適と考えられています。一日のスタートである朝に摂取することが最も効果的であり、食べ方については、カットしても良いですし、ジューサーで処理して飲んでもかまいません。

リンゴがもたらすその他の効果

リンゴを毎日摂取することによるメリットは?心疾患のリスクを減らすことだけではなく、リンゴから抽出されるリンゴポリフェノールの働きによって、筋力を増やし、内臓脂肪を減らす効果もあります。そして、このリンゴポリフェノールは、リンゴの皮に多く含まれているので、リンゴは皮ごと食べることをおススメします。

他にも、リンゴには血液サラサラ効果や、血圧を下げる効果、動脈硬化を予防する効果があったり、リンゴの食物繊維であるリンゴペクチンの摂取により、結腸ガンの発生が抑制されることも確認されています。

ということで、多種多様な病気を予防・改善する効果が分かっている果物たち。特にリンゴに関しては、多方面の健康に寄与しているので、是非騙されたと思って一日一個を目安に摂取してほしいと思います。

この「リンゴを食べる」という毎日の習慣が、心疾患や脳卒中に代表される病気のリスクを遠ざけることになるのです。そして、繰り返しになりますが、より効果的に栄養素を摂取できるように、リンゴに関しては皮ごと食べる事をおススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る