TOP > > 血圧が高めの方は要注意!秋に起こりやすい心臓疾患と3つの予防法

血圧が高めの方は要注意!秋に起こりやすい心臓疾患と3つの予防法

秋は季節の変わり目ですが、今年は残暑が厳しかった影響で、これから秋冬にかけて急激に気温が下がることが予想されます。体にとっては、とても負担がかかる時期を迎えるのです。

そんな季節の変わり目に注意しなければならない、とりわけ命に関わる重大な病気が心臓の病気です。特に心筋梗塞は気温が下がる秋口から、急激に発症する人が増加するのです。

大丈夫ですか?あなたの心臓。心筋梗塞を予防するには?

心臓病は、ガンや脳卒中と並んで、日本人の3大死因の1つになっています。特に心筋梗塞は命に関わる病気ですが、何の前触れもなく突然襲ってくるので、予防が大変難しい病気です。

心筋梗塞は、心臓に酸素や栄養を与えるために、心臓の周りを覆う様に張り巡らされている冠動脈という血管がコレステロールなどで詰まってしまい、突然心臓が動かなくなる病気です。

動脈硬化という血管が詰まりやすくなる状態とも関係しています。また、普段から血圧の高い人は、特に注意が必要です。気温が下がると血圧が上がり、心臓や血管への負担がさらに大きくなるので、心筋梗塞を起こしやすいのです。

心筋梗塞を予防するには、いくつかの方法があります。最も心臓や血管に悪い影響を与える習慣が「喫煙」です。喫煙者の心筋梗塞の死亡率は、非喫煙者に比べて、3倍と言われています。

タバコは、血圧を上げ、脈を早くし、悪玉コレステロールを増やし、血管を詰まりやすくするのです。普段から血圧が高い人であれば、なおさらです。タバコはすぐに止めましょう。

タバコを吸わない人でも、血管を詰まらせる血液中の悪玉コレステロールや脂肪が心臓病のリスクを高めることに変わりはありません。脂肪や悪玉コレステロールを下げ、血液をサラサラにするには、どのような方法があるのでしょう?

血液をサラサラにするために、継続できる食習慣の3つの工夫

まずは、ホースに水を流す様子を想像して下さい。ホースは血管、水は血液です。冬の寒い朝、ホースが堅くなっているところに、高い水圧で水を流そうとすると、ホースに亀裂が入ったり、破れやすくなりますね。血管も同じです。

逆に、ホースが暖かくて、伸び縮みしやすくなっていれば、少々強い水圧でも、ホースは破れないでしょう。気温が低くなり血圧が上がるということは、血管を傷め、動脈硬化になりやすくなるということです。

次に、血液に例えた水を油にしてみましょう、ドロドロの油です。ドロドロの油は、強い圧力をかけなければホースを流れませんね。ところが、水の様にサラサラだったら、どうでしょう?比較的弱い圧力でホースの中を流れます。これが、ドロドロ血とサラサラ血の流れ方の違いです。

血液をサラサラにするということは、心臓にも血管にも負担をかけないで血流を良くするということなのです。

血圧と血流の影響をご理解いただいた上で、血液をサラサラにするために必要なことは、まず、体内の余分なコレステロールを排出することです。そのために食物繊維を多く摂りましょう。食物繊維は、脂とくっついて余分な脂を排出します・・・。とは言っても、そう簡単にいかないのが生活習慣というものです。

そこで、お奨めするのは、「主食を少し替えること」です。例えば、主食がご飯(白米)のご家庭であれば、玄米や雑穀米に変えましょう。玄米や雑穀米には食物繊維がたくさん入っているので、食事の量を減らす方法よりも、ずっと楽に、長続きできるのです。

主食がパンの場合は、ライ麦パンなど食物繊維が多く含まれるパンに変えることで、同じ様に、無理なく脂肪の排出を継続できるのです。

それから、やはり、コレステロールの多い食品はなるべく控えましょう。肉の脂身やバター、卵の黄身、イクラやウニなどの魚卵類を控えましょう・・・。しかし、これも分かっていても、なかなかできないものです。では、どうするか?

普段の料理で使うバターやサラダ油を、「べに花油や菜種油に替えること」です。それだけでも、油に含まれるコレステロールを減らすことができ、食習慣を改善することにつながるのです。

最後に、醤油も変えましょう。まず減塩醤油を使いましょう。さらに減塩醤油の中でも、塩分を50%カットした特保(特定保健用食品)の醤油や大豆ペプチドという血圧を下げる成分の入った醤油に替えること。毎日の小さいことの積み重ねが、知らず知らずのうちに減塩効果として現れるのです!

つまりは、急に食生活を変えようとしても、それがストレスになり、長続きできないのです。普段と変わらない献立で、ほんの少しだけ工夫すること、そして、それを長く続けることを年単位で考えれば、とても大きな効果として現れるのです。

どうですか?これなら、できそうではありませんか?では、いつやるの?今でしょ!ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る