TOP > 胸焼け

胸焼けはどうしておきるの?

胸がムカムカする胸焼けですが、多くは食べ過ぎ、飲み過ぎが原因です。しかし中には怖い病気からきている場合もありますので、しっかり知識をつけておきましょう。

胸焼けする原因は?

誰もが一度は経験したことがあるでしょう、胸のあたりが熱くなるような症状が胸焼けです。そもそも胸焼けはなぜ起こるのか、その原因は胃から食道に胃酸が逆流していることが大きな原因と言われています。ちょうど胸のあたりに食道から胃があるため、胸のあたりが焼けるように感じるのです。

胸焼けの原因である胃酸が逆流することですが、この逆流する理由というのは様々あります。特に食事が原因の場合が多く、消化の悪いものや脂っぽいものを食べることで、胸焼けにつながる事があります。また食べ過ぎや飲み過ぎなども胸焼けの原因です。

・突然胸がムカムカ…!
胸がムカムカする?突然あなたを襲う胸焼けの原因と対策

胸焼けを防ぐには

胸焼けはムカムカして気持ちのいいものではありません。食事の仕方や食べるものによって防ぐことが出来ますので、胸焼けが起こらないような食事を心がける事が重要です。

まず早食いは厳禁です。よく噛んで食べることで消化が良くなりますから、胃への負担も減らすことが出来ます。そしてたくさん食べないことです。沢山食べると胃に負担がかかって逆流しやすくなります。腹八分目というのは健康にも大事なのです。

食べたあとはすぐに寝転ばないようにすることも重要です。寝転んでしまうと胃が活発に活動している時ですから、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。そして肥満も腹部を圧迫することにより、胃酸が逆流しやすくなります。

胸焼けのない健康的な生活を

胸焼けがあるだけでも、生活の質は下がってしまいます。毎日気持ちよく過ごすためにも、一時的にたくさん食べずに長く食事を楽しめるように気をつけましょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る