TOP > > ライブ後の耳鳴りは危険な難聴!音楽を一生楽しむための心得は

ライブ後の耳鳴りは危険な難聴!音楽を一生楽しむための心得は

ライブやコンサートを楽しんできた後に、耳鳴りや違和感をおぼえることがあれば、それはスピーカーが鳴らした大音響のダメージが考えられます。ライブ後に耳鳴りが出たなら、軽視せずに耳鼻科を受診してください。

もしかすると難聴の一種という可能性もあるからです。難聴は治りにくいので放置してはいけません。聴覚を守り、一生音楽を楽しむには、音とどのように付き合えば良いのでしょうか。

大音量を聞いた後の耳鳴りはなぜ起こる?

全ての人に起こるわけではありませんが、ロックコンサートなど大音量の音楽を聴いた後に、耳鳴りや音のこもりが起こる場合があります。これは大音量が聴覚器官にダメージを与えたために起こっている症状です。

私達の耳がキャッチできる音の大きさには限界があり、大きな音を聴くと有毛細胞(内耳にある蝸牛の音をキャッチする細胞)が傷ついて、このような障害が出るのです。騒音・爆音を聞いた後に起こる聴覚器官のダメージは難聴の一種で、「急性音響性難聴」や「音響性外傷」があります。

「急性音響性難聴」
大音量の音を持続して長時間聴いた後に起こるダメージ。ロックのライブを見に行った翌日に起こるような障害がこれです。
「音響性外傷」
爆音を聞いた直後に起こる聴覚器官のダメージ。爆発音のような、相当大きな音を耳に受けてしまった時に起こります。

どんな時に起こる?

私達が日常生活で気を付けたいのは「急性音響性難聴」や、騒音を聴き続けて起こる「騒音性難聴」です。ライブではスピーカーから大音響で音楽を流すので、すでにその場で耳がキンキンしたり、頭痛を感じるかもしれません。

当然このような不快な大音量の音楽は体に良くないのですが、音楽を楽しむことに集中して長時間聴き続けてしまうので、有毛細胞がダメージを受けやすくなるのです。難聴に気を付けたいのは、ライブ会場だけではありません。

  • 携帯プレーヤーで聴くヘッドフォンの音楽
  • 音楽活動
  • パチンコ店の騒音
  • オートバイのエンジン音
  • 工事現場の作業音

これらの音も、継続して聴き続ければ耳にダメージを与え「騒音性難聴」を引き起こしてしまいます。電話のオペレーターをしている人が、相手の受話器を切る「ガチャッ!」という音をヘッドフォン越しに聴き続けて、耳にダメージを受けることもあるほどです。

このように日常にあふれる音が、知らない間に耳へのダメージを与えているということも少なくありません。

こんな時はすぐ耳鼻科へ

ちなみに一度傷ついた有毛細胞は修復できません。有毛細胞のキャッチした音が電気信号に変えられ、脳に送られることで音を感知するのですが、有毛細胞が死ぬと、その後は音をはっきり認識することができなくなってしまいます。

ですから耳の違和感に気付いたら耳鼻科を受診し、適切な治療を受けてください。放置してしまうと治療が難しくなりますが、早期の治療で難聴を食い止めることも可能になります。誰でも騒音を聴くと、一時的に耳鳴りや聞こえ方の違和感を伴いますが、軽度なら回復しダメージは残りません。ただし、次のような症状がある場合には、自然回復を待たずに受診してください。

  • 翌日に耳鳴りがずっと続く
  • 水の中に潜っているような音のこもり
  • 音が響いて聞こえる

急性音響性難聴になりやすい人もいる

また「全ての人に起こるわけではない」と申し上げたように、大音量を聴いてダメージを受けない人もいれば、1回のライブで急性音響性難聴を起こしてしまう人もおり、発症の確立には個人差もあるのです。急性音響性難聴を起こしやすいのは、以下のような時です。

  • 疲労やストレスが溜まっている時
  • 睡眠不足の時
  • 飲酒時
  • 大音量の音楽を聴きながら頭を激しく揺さぶった時

体調が万全でない時は、ライブ鑑賞を控えたほうが良いかもしれません。ヘビメタなど激しい曲調に合わせて頭を揺さぶるのも、耳には良くないようですね。

耳栓で聴覚を一生守ろう

そこで耳栓、遮音性の高いイヤーマフの準備をおすすめします。 ライブで耳栓をしたら、せっかくの音楽が台無しになるじゃないか…と思われるかもしれません。しかし無茶をして一生音楽が満喫できなくなってしまうなら、耳栓で聴覚を守りながら音楽と付き合った方が良いはずです。

機能性の良い耳栓を利用すれば、聴きたい音楽は十分に聴き取れますし、プロも耳栓で耳を守りながら音楽活動を行っていますよ。音楽の好きな人は特に意識して耳を保護してくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る