TOP > > 聞えているのに聞こえない子ども?ストレスが原因の難聴の特徴とは

聞えているのに聞こえない子ども?ストレスが原因の難聴の特徴とは

子どもに起こりやすい心因性難聴

難聴というのは耳や聴神経などに何らかの原因があって引き起こされることが多いのですが、ストレスによっても起こることがあります。

このように器質的な異常がないのにストレスで起こるものを「心因性難聴」といいます。心因性難聴にはどのような特徴があるのでしょうか?

心因性難聴の特徴

通常の難聴と比べた時の大きな特徴の違いは「本当は聴こえているけど聴こえていない」という点です。言い換えると聴力に異常はないけど脳は「聞こえないように感じてしまう」状態ということなのです。

これは仮病・詐病(聞こえるけどわざと病人のふりをして不当な手当を得ようとするなど)とは全く異なります。心因性難聴の場合、本人には自覚がないまま難聴が起こっているのです。

心因性難聴は学校の聴力検査などで聴力検査に引っかかることで発覚することが多いものです。一般に聴力検査に用いられる検査には標準純音聴力検査といって、ヘッドホンから音を聞かせ、どれくらい小さい音まで聴こえるかを検査する方法が用いられます。

この検査の結果が良くないと一般に器質的な病気が疑われることになり、耳鼻科で詳しく検査をすることになるでしょう。心因性難聴ならば、ほかの検査をしたとしても器質的な原因は見つかりません。

聴力検査の結果が悪い割に日常生活で言葉の聞き取りや会話は問題なく行えることも大きな特徴です。難聴の症状と共に視野狭窄(視力に関係なく視野が狭くなる)を伴う場合もあります。

心因性難聴の原因

心因性難聴は大人でも起こりますが、小・中学生に起こりやすく、特に男子より女子のほうに多くみられます。

はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレスが関係しているのは確かで、悩みやストレスを抱える子どもの無言のSOSが体にあらわれたものだと考えられます。もし心因性難聴が疑われる場合には、その子どもの生活に原因となるような問題がないか考えてみる必要があります。

子どもの大きなストレスになるような問題には次のようなものが多いです。

家庭の問題・・・両親の不仲や離婚、虐待、親が不在がち、きょうだい間のコンプレックスなど
学校の問題・・・いじめ、仲間外れ、友人関係の悩み、先生との関係、部活動の悩み、学力の悩みなど

また、周囲の人や親から見れば些細なことに見えても子どもにとっては深刻な問題で、それが強いストレスになっている場合も少なくありません。

心因性難聴の治療法

体に異常がないことを確認した上で、心因性難聴の治療が必要になります。放置しておくと症状が悪化する可能性があるので、早めにケアを始めるのがのぞましいです。

耳鼻科で定期的に検査を受けて、心療内科や精神科の治療を受けるといった形になります。原因となるストレスを取り除くことが治療になるので、子どもにとってストレスのない環境を用意してやることが大切です。

日常生活や学校生活でも、先生や家族が協力しながら温かい目で見守っていく必要があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る