TOP > > 頭脳派のあなたに送る!心身ともに回復するための習慣&食事とは?

頭脳派のあなたに送る!心身ともに回復するための習慣&食事とは?

日頃から「頭脳派」と呼ばれているあなたは、頭を使って行う作業に誇りと喜びを感じているはずです。神経を集中させて思考を巡らし、他人にはできない仕事ができると信じていることでしょう。

現実に起きている問題や未来に起こるであろう障害に対処することは得意ですが、スピードを要求されるなかですばやく解決法を出す、ということは苦手だと思います。

腰をすえて、じっくり考える方が好きではないでしょうか?そんな頭脳労働を得意とするあなたは、ストレスを解消することが苦手なはずです。

普段から脳を使う傾向のある人は、ストレスを消す作用のあるセロトニンというホルモンが不足しがちで、体が疲れやすいはずです。また、酵素も減りやすい体質なので、意識して生活習慣を組み立てる必要があります。

今回は、頭のいいあなたが心身ともにリラックスして、日々を健康に過ごせるようになるためのヒントをお伝えしたいと思います。

睡眠時間を意識してとろう!

よく脳を使う人は、普段の人間関係や簡単な単純作業のなかでも、意識せず頭を働かせてしまい、神経細胞が減ってしまう傾向があります。

首や肩などが固くなりやすく、僧房筋や首を支える筋肉が凝りやすいので、意識して睡眠時間をとる必要があります。そうしないと、脳がうまく働かなくなり、集中力も落ちてしまいます。

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる、夜十時~二時までの時間はなるべく休むようにしましょう。この時間は、それ以外の時間にくらべて睡眠効率が四~五倍になるとも言われています。

夜中に起きて作業をするのも悪くないですが、十~二時の間に寝ることによって、時間を効率よく使えて、しかも体は休息させられるという事実をもっと重要視していただきたいです。

心からリラックスできる運動をしよう!

普段から神経を巡らせているあなたは、運動をするときでも、「どうやったら上達するだろうか?」と考えたり、まずは教本を買ってきて練習したりしているはずです。

頭を使って戦略を練るスポーツをするのもいいのですが、リラックスして頭の疲れもとる習慣も取り入れないと、頭と体のバランスが崩れてしまいます。

できるだけ、何も考えないで体を休められる、ヨガなどをすると効果的でしょう。無の境地に入って、じっくりと体を伸ばしてケアできるヨガは、知能の高いあなたにとって最高のリラックスタイムを与えてくれるでしょう。

しかも、ヨガは体に負担をかけずに、じっくりと一つのポーズを行うので、すぐに効果が出ることも魅力の一つです。充実した頭脳労働を行うには、凝り固まった体をほぐし、脳のコリも解けるヨガを生活に取り入れてみてください。

胃腸に負担のかからない食生活を目指そう!

ストレス体質のあなたは、食事にも気をつける必要があります。消化酵素が少ないので、たくさんの量を一気に食べることはNGです。なるべく少量を時間をかけて食べると体への負担が少なくなります。

さらに、噛む回数を増やすことで、消化酵素を含む唾液が食物とからまり、胃腸への負担が減るので、よく噛むことは必須です。

また、抗酸化作用のあるキノコや、消化酵素を豊富に含む緑黄色野菜は、普段の食事で多く摂取する必要があるでしょう。キノコは老化を防止する作用もあるので、アンチエイジングにも役立つ素晴らしい食材です。

緑黄色野菜は、味噌汁に入れて朝食にとったり、肉を食べるときには必ず付け合わせやサラダを加えるなど、野菜を身近な食材にすることで、体を治しながら栄養補給を行いましょう。

飲みものの注意点は、一日二~三杯程度のコーヒーを飲む習慣をつけることです。コーヒーは酵素を増やす作用があるので、飲み過ぎに気をつければ体にはプラスの効果をもたらしてくれます。緑茶や紅茶は、カフェインが強いので、なるべく避けた方がいいでしょう。

心身ともにリラックスして、最高の頭脳労働をしよう!

体だけでなく、頭の疲れもとることで、もっと素敵な仕事・作業ができるようになると思います。たまには、働きすぎる脳を休めて、心からリラックスできる時間をつくってみませんか?

頭をカラッポにして休息することができれば、もっとクリエイティブな作業ができるはずですし、頭脳をフル回転させても疲れにくい体をつくることができるでしょう。疲れしらずになれれば、知的なあなたがもっと信頼されること、まちがいなしですよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る