TOP > > 乳酸菌は善玉菌の餌になる?善玉菌を増やし悪玉菌を退治する方法

乳酸菌は善玉菌の餌になる?善玉菌を増やし悪玉菌を退治する方法

善玉菌と悪玉菌という菌の名前は、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。これはどちらもヒトの体の腸の中に存在している菌の名前です。名前から想像するに、悪玉菌は悪い菌であることはすぐにわかりますね。しかし悪玉菌は誰の腸にも存在している菌なのです。

善玉菌と悪玉菌の正体とは?

腸の中には善玉菌と悪玉菌という2種類の菌しかないようなイメージが強いのですが、実際には数え切れないほど多くの菌が存在しています。それぞれに異なる菌ですが、それを大きく分けて善玉菌と悪玉菌というカテゴリーに分けているのです。

善玉菌は体にとっていい影響を与える菌です。悪玉菌は名前からも悪そうな菌という感じですが、存在しているだけならそれほど問題はないのです。なんとなく自分の腸の中に悪玉菌が存在しているというのもあまりいい気分ではありませんが、善玉菌とのバランスが保たれていれば特に大きな問題にはならないのです。

でも様々なことが原因となり善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまった時、健康にも美容にも腸内の環境が様々な影響を及ぼすことになってしまうのです。

悪玉菌が増えるとどうなるの?

悪玉菌が善玉菌の数を上回る原因としては、ストレスや食生活も大きく関係しています。食生活の欧米化も無関係とは言えません。肉や脂肪分の高いものばかりを食べ、野菜が不足してしまうと腸内はアルカリ性の状態になってしまいます。

腸内がアルカリ性になることで、悪玉菌にとっては最も居心地がよく活動しやすい状態になります。逆に善玉菌は酸性の状態が居心地がいいので、腸内は常に酸性の状態が理想なのです。

悪玉菌が体に良くないと言われるのは、老廃物を溜め込んでしまうからです。腸の中に老廃物がたまった状態では腐敗なども起こりますし、ガスが溜まり便秘の原因にもなります。腸内環境は体全体の免疫力にも影響するので、免疫力も低下してしまいます。

腸の中の毒素が発がん性物質となる可能性もあるため、大腸ガンに発展する可能性も否定できません。ガンにならなくても腸内環境が悪化し悪玉菌が増えることで体にとって良くない状態であることは想像できますね。腸内で腐敗した老廃物は体臭や口臭の原因になることもあるのです。

善玉菌を増やす方法

善玉菌としてイメージしやすいのはヨーグルトですね。ビフィズス菌やガゼリ菌など腸内環境を整える作用のある菌を豊富に含むヨーグルトは、善玉菌の餌となるので手軽に善玉菌を増やすことができるのです。

乳酸菌は他にも日本人にとって馴染み深い和食の定番でもある、味噌、醤油、漬物などにも含まれています。食事で簡単に摂取できますが、実はほとんどが胃で食べ物を消化する時に死滅してしまうのです。

これでは意味がないようにも思えますが、乳酸菌は死んでも善玉菌の餌になることができるのです。もちろん生きたまま届けばより善玉菌にとって良い餌となるので、最近は胃酸に強い乳酸菌などを配合したヨーグルトなどもありますね。

しかし毎日大量のヨーグルトや発酵食品を食べるのも難しいので、この場合はサプリメントを取り入れるのも賢い方法と言えます。サプリメントの場合は、特殊な加工をすることで胃で溶けず腸まで届けることが可能なので、生きたままの乳酸菌=善玉菌の餌を効率よく運ぶことができます。

菌だけに頼らず食事の内容も見直そう

善玉菌を増やす方法としては、乳製品や発酵食品を食べたり、サプリメントを取り入れることでも十分に対応できます。しかしこれだけでは万全とは言えません。より良い腸内環境を目指すためには「食物繊維」これが欠かせません。

ご存知だとは思いますが、食物繊維は腸の中をキレイに掃除する作用があります。多くは野菜や果物に含まれていますが、栄養バランスを考えた食事を意識していれば自然と摂取できます。

腸の中は外見からはうかがい知ることができません。腸内環境は思わぬ病気を引き起こす原因にもつながるので、善玉菌を増やすことを意識していきたいですね。腸内環境が整っていれば免疫力も自然と高まり病気に負けない健康な体を作ることもできます。女性の場合は肌荒れなども予防できるので、美容にも役立ちますね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る