TOP > > 貴方はその入り方で大丈夫?脳梗塞を発症させないお風呂の入り方

貴方はその入り方で大丈夫?脳梗塞を発症させないお風呂の入り方

冬の楽しみって色々あると思いますが、貴方の楽しみは何ですか?スキーやスノボなどのアクティブ派、冬散歩、綺麗な星空鑑賞、あったか鍋パーティーなども冬の楽しみではないでしょうか?

そして温泉やお風呂もやっぱり寒い季節に恋しくなってきます。夏はどちらかと言えば汚れた身体を清潔に保つために入浴する感じですが、冬は身体をしっかりと温めて疲れを癒すことが目的になります。

夏場にはシャワーで済ます人も多いようですが、冬場はしっかりと湯船に浸かることが多いのもこのためですね。しかし、冬の入浴には危険な落とし穴が隠されています。

実は寒い季節で家庭内で起こる事故(脳梗塞などの病気も含む)の発生場所として、お風呂場が多いことが判明しています。なぜ冬のお風呂は危険なのでしょうか?それを回避する方法も考えてみます。

冬に起こる脳疾患はお風呂が超危険な訳

日本の住宅事情を考えてみると、風呂場はリビングなどの部屋と離れて設置しているケースが多いと思います。これはお風呂からの湿気を遮断する目的があります。このことは寒い季節にリビングで暖房を付けても、風呂場は特に温まらないことを意味しています。

特に湿気の多い日本では、風呂場を乾燥させることを好みますので、冬場でも昼間は風呂場の窓を空けて外気を取り込むことも多いようです。

このような行為は風呂場を外気温近くまで冷やす結果をもたらし、同じ室内にも関わらずリビングなどとの温度差が10℃~15℃もあったのです。

このように同じ家の中での温度差が大きくなっている環境において事故は起こってしまいます。人間の身体は自律神経の作用により、寒いと血管は縮み、暖かいと広がるようになっており、暖かい環境から急激に寒い環境に移動することは血管の急激な収縮を招いてしまいます。

高脂血症などの生活習慣病の疑いがある人にとって、血管の急激な収縮は脳梗塞などの発症リスクを高めることが分かっており、冬場の風呂場で事故が多い原因もリビングと風呂場の温度差によるものだったのです。

血管に優しい冬のお風呂の入り方を考えよう

冬のお風呂の入り方として大切なのは、血管の急激な収縮を回避するように心がけることですね。そのためには急激な温度差を身体に与えない注意が必要になります。

・脱衣場にも暖房を入れてリビングなどと同じ室温に整えて下さい。

・衣服を脱ぐ前に風呂場のドアを開けて、脱衣場と同じ室温にしましょう。

・服を脱ぐ前にお湯やシャワーで風呂場の床を暖めることは、急激な温度差を回避できる重要な行為になります。実践して下さいね。

・急に湯船に浸からないで、足から(心臓から遠い場所)掛け湯をしてゆっくり暖めましょう。

・お風呂のお湯の温度もあまり高温とせず、41℃くらいまでにして下さい。もの足りない場合は始めからではなく一旦身体を温めてから温度を上げるようにしましょう。

これらの入浴法は身体に急激な温度差を与えないように配慮した方法になります。少しの配慮をしただけで血管の急激な収縮を回避することができ、冬場の風呂場での事故を未然に防ぐことになるのです。「う~さぶい~」「ドボーン」このような入浴は決して止めて下さい。危険ですよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る