TOP > > ダイエットしたい人へおすすめの痩せる呼吸法

ダイエットしたい人へおすすめの痩せる呼吸法

『痩せたいけれど、食事制限は辛いし、運動は続かないし、お金がかかるのもちょっと……』というのが、女性の本音ではないでしょうか。食事の際に一つ食材を意識的に摂りいれるダイエットも手軽で人気がありますが、今回はさらに簡単にできる『呼吸法ダイエット』の方法をお教えします。

呼吸の仕方を変えるだけでダイエットになる

意識せずに普段の呼吸をしていると、恐らく息を吸い込む時にお腹がへこみ、吐き出す時にお腹が膨らむ(緩む)という方が多いと思います。呼吸法ダイエットは、全く逆の『腹式呼吸』をすることで基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼させやすい体にしていくものなのです。

そして、一口に『呼吸法ダイエット』と言ってもいくつか種類があり、腹式呼吸を取り入れているのは同じでも、若干やり方が異なります。今回は座った状態で行う方法と、寝ていても座っていてもできる方法の2種類をご紹介します。

●ドローイングダイエット

座って行う方法ですので、自宅でくつろいでいる時はもちろん、電車やバスなどで通勤している時や自分の席でデスクワークをしている時にもできます。

①息を吐きながらおへその辺りを意識的に引っ込める。お腹をできるだけ背中にくっ付けるようなイメージで行う。
②その状態のままお尻の筋肉に力を入れ(肛門をきゅっと締める)内臓を押し上げる。
③30秒そのままの状態を保つ。

これを毎日10セットずつ行います。

●深呼吸ダイエット

寝て行う場合は、仰向けになって両手の親指と人差し指で三角形を作り、親指をおへその上にセットします。ひじは床につけて、全身をリラックスさせます。座って行う場合は、背もたれに上半身を預けるようにもたれてリラックスします。

①鼻から息を吸い、8割程度まで意識的にお腹を膨らませ、一旦呼吸を止める。
②さらに鼻から息を吸い、お腹を限界まで膨らませる。
③限界まで膨らんだと思ったら、ゆっくりと鼻か口から息を吐き出す(苦しいですが、一気に吐き出さないこと)。
④息を吐き切ったら息を止めて1拍おく。

これを連続で10回程度行います。毎日何セットでも構いません。

注意点:どちらの方法とも、腹式呼吸を行うダイエットですので、満腹時は胃が膨らんでいてお腹がへこみません。また、胃を圧迫すると苦しいですし気分が悪くなる恐れもありますのでお避け下さい。

いかがでしょうか?とても手軽な方法ですので、すぐにでも始められます。興味の湧いた方は、ぜひお試し下さい!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る