TOP > > 痩せ型の人ほど要注意!「心臓に脂肪」がついてしまう原因を探る

痩せ型の人ほど要注意!「心臓に脂肪」がついてしまう原因を探る

中高年になってくると心配なのが生活習慣病。生活習慣病と言えば心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などが代表的なものとしてあげられますが、それらの病気を引き起こす原因とされているのが、高脂血症、高血圧、メタボリック症候群などの症状です。これらは一般的に「肥満型」の人がなりやすいというイメージが定着しています。

しかし最近になり、痩せ型の人も心筋梗塞を始めとする生活習慣病に注意をしなければならないと言われるようになりました。というのも、臨床データによりますと、太っている人より痩せている人の方が心臓そのものについている脂肪の量が多いというのです。

心臓に脂肪がつく?!なぜ皮下にではなく、直接心臓に脂肪がついてしまうような現象が起こるのでしょうか。そして心臓についた脂肪はどのような影響を与えるのでしょうか。脂肪がついてしまう原因と、心臓に与える影響について探ります。

皮下脂肪と内臓脂肪

脂肪は私たちが生命を維持する上でとても重要な栄養素の1つでもあります。絶対的な悪ではないのです。しかし、必要以上に体に溜め込んでしまったとき、それは毒へと変化してしまうのです。

「脂肪がつく」と言う場合、一般的にはお腹がプヨプヨとしてくる、いわゆる皮下脂肪のことを言います。エネルギーとして消費しきれなかった脂肪は、皮下組織に蓄積されていきます。この脂肪は外界との温度差や衝撃から身を守ったり、いざというときのためのエネルギーとして備蓄されるようになっています。

いくら備蓄用と言えども、溜めすぎてしまっては大変です。この皮下脂肪というのはエネルギーに変わりにくく、一度ついてしまうと落とすのにとても苦労します。

一方で、近年注目されているのが内臓脂肪というものです。心臓についた脂肪も内臓脂肪です。ことば通り、皮下組織につくのではなく、内臓に直接くっついてしまう脂肪です。

内臓脂肪のやっかいなところは、目で見て確認することができないということです。ですから内臓脂肪を甘く見がちなのは普通、あるいは痩せている体型の人。「肥満体型ではないから大丈夫」、いえいえそれは誤解です!実は太っていない人ほど、内臓脂肪には注意が必要なのです。

痩せ型の人ほど心臓に脂肪がつきやすいワケ

皮下脂肪と内臓脂肪とではどちらが体に悪影響を与えるのか。それは内臓脂肪です。

皮下脂肪は皮膚の下の皮下細胞に蓄積されるため、見た目には「肥満体型」となってしまいますが、病気の直接的な原因とはなりにくいとされています。

しかし内臓脂肪は、筋肉や内臓に直接つき、その上、さまざま生理活性物質を分泌します。分泌される物質の中にはよい働きをするものもあれば、悪い働きをするものもあります。しかし脂肪が蓄積されればされるほど悪い働きをする物質が多く分泌されるということが、最近の研究結果で明らかになっています。

つまり、内臓脂肪が増えることによって、血栓を作り、血糖値や血圧をあげるような物質がたくさん大量分泌され、ひいては糖尿病や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まるのです。

それではなぜ痩せ型の人ほど、心臓脂肪などの内臓脂肪がつきやすいのでしょう。

人の脂肪細胞というのは思春期までの間で数が決まり、それ以降の人生においては細胞脂肪の数は増えたり減ったりしないとされています。「太る」というのは、脂肪細胞の数が増えるのではなくて、脂肪細胞自体が脂肪を溜め込み大きくなるということなのです。最大4倍まで大きくなると言います。

もともと肥満型だった人は細胞脂肪の数も一般的な人より多目なので、思春期以降に体重が増えたとしても脂肪が備蓄されるスペースに余裕があると考えられます。しかし痩せ型だった人は、脂肪細胞の数が少ないため、脂肪を備蓄しておくスペースがないのです。

そうして行き場をなくした脂肪が内臓にくっつくことになるのです。

もともと痩せ型だけれども、昔に比べて体重が5キロ以上増えたという方は、心臓を始めとする内臓に脂肪が蓄積されている可能性が高いと考えられます。

内臓脂肪は落としやすい!

内臓にたくさん蓄積されると大きな病気をも引き起こしかねない内臓脂肪ですが、唯一の良い点としてあげられるのが「落としやすい」ということ。皮下脂肪と違い、内臓脂肪はちょっとした意識ですぐに落とすことができます。皮下脂肪より先にエネルギーとして使われるのが内臓脂肪だからです。

思春期の頃の体重を思い出し、それから5キロ以上増えたという方は、なるべく思春期の頃の体重に戻れるように努力しましょう。おすすめするのは、ヘルシーな食事と1日20分の有酸素運動です。

見た目だけを考えず、体の内側の健康についても、私たちは普段からもっと関心を持つべきでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る