TOP > > 目からウロコ・・・嘘の笑いも効果的。科学が証明する笑いの効果と健康

目からウロコ・・・嘘の笑いも効果的。科学が証明する笑いの効果と健康

笑うと健康に良いって本当?

笑うだけで健康になれる!まずは笑いの効果をご紹介します。

自然治癒力、免疫力の活性化

笑うことで副交感神経が刺激され、自律神経が整います。それによりホルモンバランスなど体の様々な状態も整い、自然治癒力が上がります。

また、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれる免疫細胞が活発になり、がん細胞を死滅させる効果が上がります。

気分転換、ストレス解消

笑うことで気分がリセットされスッキリします。そして楽しくなることでストレスも解消されていきます。

血流の促進、リラックス効果

笑うと体中の血行が良くなります。自然と腹式呼吸になり血管が拡張する為です。血流がよくなるとすべての細胞が活性化されます。肩こりも解消され心身ともにスッキリとリラックスできます。

脳の活性化、集中力、記憶力の向上

血管が拡張されるともちろん脳の血流もよくなります。右脳が活性化されα波が盛んに出るようになります。α波が出ている状態は記憶力や集中力が高い状態を示します。

笑いのメカニズム

大まかな笑いの一連の仕組みは、視覚や聴覚から笑いを誘う事柄を脳が受信すると、感情をつかさどる中枢神経へ伝達され、自律神経中枢と情報のやり取りをします。

そのため自律神経が活発になり、体中の細胞の活性化につながるのです。また、脳への笑いの情報が、全身に免疫活性化ホルモンを分泌させる刺激になります。

笑いは感情の中では、楽しい、嬉しいといったような快い部類に入ります。“笑うしかない”という言葉の通り、窮地に立たされた状況でもとりあえず笑うことで、リラックス、気分転換、脳の活性化のような効果が得られ、平常心を取り戻すことができるのです。

この場合のように、危機に面したときの笑いは生理的なもので、自己防衛の意味合いが強いでしょう。

作り笑いも効果的!

顔の筋肉が動くだけで副交感神経が活発になります。笑顔を作るだけでも血流がよくなり、細胞が活性化されます。

笑いたくなくても自分の顔を鏡に映して笑顔を作ってみましょう。脳はその笑顔を快い感情と捉えて信号を伝達してくれます。

さらに、声を出して笑うとストレスも発散され、腹式呼吸になり腹圧もかかり、大きな効果が得られます。

口や頬だけで笑うのではなく、目を細めて笑顔を作ることが効果的です。毎朝、顔を洗ったついでに顔の体操で筋肉をほぐし、すてきな笑顔の練習をしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る