TOP > > 笑いの健康効果は実証済み!作り笑いでも効果アリの笑活のすすめ

笑いの健康効果は実証済み!作り笑いでも効果アリの笑活のすすめ

笑顔の女性

悩みや痛みを抱えている時に、身近な人やテレビなどが笑わせてくれて、それは一瞬のことだったのに、その後何だか気分がすっきりして前向きな気持ちが戻ってきた、という経験をしたことはありませんか。

「笑う門には福来たる」ということわざは、真実を伝えているということが近年の研究でわかってきました。笑うと、それだけでもいい気分ですが、そのいい気分は健康にも良い影響を及ぼしていたのです。

でもそれが本当だとしても、そうそう笑えるようなことはあたりにころがっているものではないし、笑いがいいと言われても…、と思った方には朗報です。笑いについての研究が進められ、作り笑いでも健康効果があるということが明らかになっています。

笑いが心のだけでなく、からだの良い状態をも作り出してくれるのはどうしてなのでしょうか。ここでは実験結果等をご紹介しながら、そのメカニズムを説明していきます。

笑いはなぜ人を健康にするのか?脳に作用するメカニズムとその効果

まず初めに笑いがどのようなメカニズムを介して健康に役立つのかについて説明していきたいと思います。

でもこれをお読みくださっている方、作り笑いでも、ちょっとほほえむだけでも、健康効果はあるということですので、まずは早速ここで一度、ほほえんでみませんか。

ほほえんだ分だけ、今、少し健康になっているはずです。

笑いは脳をリラックスさせてくれる

落語で笑ってもらい、脳波や体内ホルモン値を測定するという実験の結果報告があります。

それによりますと、脳波については笑った後ではリラックスした時のα波と、脳が活性化している時のβ波の両方が見られたということです。リラックスと「快」の興奮の両方が同時に得られるのです。

ホルモンとしては興奮時に出るアドレナリンとノルアドレナリンに加え、癒し系ホルモンのセロトニンが出ていました。

アドレナリンとノルアドレナリンは、不快なストレス下でも分泌され、過剰になると健康を損なうこともありえるのですが、同時に脳に覚醒をもたらし、適度な緊張感を与えてくれるものでもあります。人間の活動には必要なホルモンなのです。

セロトニンは「癒しホルモン」「幸福ホルモン」などとも呼ばれ、人の安らぎや幸福感に関与しているものです。わたしたちをリラックスさせてくれ、抑うつ感を取り去ってくれるのが、このセロトニンです。

また、セロトニンはノルアドレナリンの過剰分泌に対しては抑制的に働きます。

適度な緊張感のあるリラックス、とでも言いましょうか。笑うことで人は、活力と安らぎの両方をバランス良く手にすることができるのです。

免疫力もアップ!笑わないとがんになるかも?

また、笑った後ではNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が適正量になる、という報告もあります。笑いは不足していた人のNK細胞を増やし、過剰であった人のNK細胞を抑えるということです。

NK細胞とはわたしたちの体内をめぐっている免疫細胞で、ウイルスや細菌など体内に侵入した異物を攻撃して排除していくという役割を担っています。

最近ではがんも免疫に関係した病気であることがわかってきました。NK細胞は、がん細胞を正常な細胞ではないと判断し、攻撃して殺してくれます。

健康な人でも、体内では毎日およそ3000~5000個のがん細胞が発生しています。これはある意味で遺伝子の自然現象のようなものですので、この発生自体を抑えることは、残念ながらできません。

ですが、これらのがん細胞に対してNK細胞はいわば天然の抗がん剤のように作用し、それらがまだ微量である内に死滅させます。そのおかげでわたしたちはがんにならずにすんでいるのです。

「がん細胞対NK細胞」のこの戦いにおいて、NK細胞の働きが十分でないと、がん細胞が勝って、増殖していってしまいます。

NK細胞が不活性の状態が長く続くと、風邪やインフルエンザやウィルス性胃腸炎にかかりやすくなるばかりではなく、がんになる可能性まで出てきてしまうということになります。

たくさん笑うことは免疫系の病気に対する抵抗力を培ってくれるのです。

笑いがNK細胞を元気にするのはなぜ?

では、笑いとNK細胞とは、どのような関係で結びついているのでしょうか。

わたしたちが笑うと、脳の前頭部に興奮が起きます。その興奮は間脳に伝えられます。

間脳は免疫コントロールの司令塔です。笑ったことによって間脳は活発に働き始め、神経ペプチドという神経伝達物質を作り出します。

この神経伝達物質ペプチドには、善玉と悪玉があります。

脳が快を感じている時にはペプチドは善玉として血液やリンパ液を通じて体内のNK細胞を活性化します。逆に不快を感じている時には悪玉ペプチドとなり、NK細胞の働きを弱めてしまいます。

楽しく笑っている時というのは、もちろん脳が快を感じている時ですね。間脳は善玉の方のペプチドを生産し、NK細胞に供給してくれます。

NK細胞にとって善玉ぺプチドは栄養のようなものですので、結果、NK細胞は元気になって、わたしたちの健康のために働いてくれるのです。

糖尿病にも効果あり!という実験報告

笑いと糖尿病に関する実験も行われています。

吉本興業協力のもと、19名の糖尿病患者が参加した実験では、笑いが食後血糖値の上昇を抑制したとのことです。

笑った後の血液を遺伝子レベルで調べてみると、NK細胞等健康に良い遺伝子群が活性化し、糖尿病や炎症反応、抑うつなどに関わる遺伝子群の発現が低下していることがわかったのです。

糖尿病は、不安や恐怖、悲しみなどの感情によって悪化することはすでにわかっていたのですが、その正反対の楽しい感情、笑いが、からだに対して逆の作用をもたらしてくれることが実験によって確かめられました。

笑ってストレスに強くなろう

上述しましたように、笑いはセロトニンを分泌させ、人をリラックスさせます。ノルアドレナリンは適度な覚醒状態をもたらします。また、脳の血流も笑いでアップします。

行き詰った状況の中でも、もし笑うことができるならば、脳は瞬間的にリラックスしますので、不安や恐怖はやわらぐことでしょう。

笑った後では平静心かそれに近いものを取り戻すことができます。

心を落ち着かせ、集中力が出てきたら、きっと今抱えている問題に対する解決策が見え始めるはずです。笑うことで人のストレス耐性は高まり、精神が強靭になるのです。

ラットを使った実験でも、日頃から笑っていたラットたち(くすぐることで、兄弟たちとじゃれ合って遊んでいる時と同じ周波数の「快」の鳴き声をあげさせたのだそうです)は、くすぐり刺激を与えられていなかったラットたちに比べて、恐怖心によりよく対処することができたといいます。

「ストレスなんかに負けるな、笑ってふっとばせ!」は精神論とばかりは言い切れないようですね。

認知症予防効果も…?

大阪府Y市では、認知機能と笑いの頻度との関連を見る調査が行われました。

対象は65歳以上の男女985名で、内26%に認知機能の低下が見られましたが、笑う機会の「ほとんどない」人は、「ほぼ毎日笑う」人に比べて男性では2.11倍、女性では2.60倍認知機能低下症状を持つリスクが高かったということです。

この調査で認知機能の低下の見られなかった人738名を対象に、1年後に同じテストを実施したところでは、笑う機会の「ほとんどない」人の認知機能低下リスクは「ほぼ毎日笑う」人の3.61倍に上昇していました。

笑うことによって脳内の血流はアップします。笑いで盛んになった血流が認知機能の低下を防いでくれているのではないかとのことです。笑いについて、その認知症予防効果にも期待が高まりつつあります。

でもいくら「笑い」がいいと言われても…という方へ

そう言われても、おかしくもないのに人間、そうそう笑えるものではありません。それに、無理してこわばった笑いを浮かべたりしたら、逆効果にならないかしら、からだに悪そう、と心配にもなりますよね。

でもどうやらそんな心配はいらないようです。作り笑いでも健康効果が認められたとの実験結果が数多く報告されています。

笑い顔を作ろうとすると、口角をぎゅっと上げるなど表情筋を大きく動かすことになりますね。その表情筋の動きは脳に伝えられ、快刺激として受け取られます。

脳の前頭野は、「今自分は楽しい、快の状態にある」と判断し、心から笑った時と同じ情報を間脳に伝達します。そして情報を受け取った間脳もまた、心からの笑いに対するのと同様に機能します。

よって作り笑いでも、心からの笑いと同じメカニズムを通して健康効果を与えてくれるというわけです。

もちろん、心から大笑いできればそれに越したことはありません。その方が、何より自分が気持ちいいですものね。コメディーのDVDを用意したり、テレビのお笑い番組を録画しておくなどの工夫をしてみるのもいいかもしれません。

でも作り笑いにも健康効果が期待できるというのであれば、嫌な出来事があった時こそ、笑ってみるのはいかがでしょうか。

少なくともストレスが原因での体調不良からは自分を守れそうです。

物事がうまくいっていないそのような状況下でヘラヘラ笑っていたのでは、と人目が気になるのなら、一人になった時にでも、不快感のからだに対する悪影響を相殺すべく、笑っておきましょう。

笑いの健康効果については、国内外の研究機関でさらに調査・研究が進められています。

フランスの哲学者アランは、「人は幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」という言葉を残しています。

健康であることで不幸を感じる人はあまりいないでしょう。笑いは健康すなわち身体面での幸福をもたらします。少なくともその意味ではアランは真理をついていたと言えそうです。

より健康になって、強くたくましく、そして楽しく生きていきたい方、今日から、いえ早速今この瞬間から、「笑活」、始めてみませんか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る