TOP > > 笑顔の効果で元気になる。自分だけでなく周囲にも良い笑顔の効果とは

笑顔の効果で元気になる。自分だけでなく周囲にも良い笑顔の効果とは

「笑う角には福来(きた)る」そんなそんなことわざが昔からあるのをきっとたくさんの人が知っているでしょう。楽しい時、嬉しい時、好きな人と見つめあう時。心が満たされている時には笑顔って自然に出て来るものです。この笑顔、実は、自分自身を健やかに、元気にする効果に溢れているんです。

良い気分の時に出る笑顔って、まわりの人が見てもキラキラしていて、幸せが伝わってきますよね。たくさん笑ったあとは、なんだか体も心もすっかり軽くなったような気にさえします。これが気のせいじゃなく、本当に体や心が元気になったのだとしたら、どうですか?もっと笑いたくなりませんか?

笑顔には、なんと免疫力を高める力が!

近年、感情が病気に影響しているというデータが少しずつ出始めています。というのも、悪い事ばかり考えていたりすると、体内細胞の元気が奪われ、ガンなどの病気にかかったときに、悪い病原菌に負けやすいというのです。

そしてその反対に、笑えば笑うほど細胞は活性化されて、悪い細胞をやっつける細胞、ナチュラル・キラー細胞がどんどん増えるのが実証されているんです!こんな話を聞いた事はありませんか?

余命一ヶ月、と申告されたガン患者が、もう治療はいらない、そのかわり好きなことをして最後の時間を過ごしたい、と、かねてよりの希望だった世界旅行へ出掛けます。そして心の底から満足して、さあもう死を迎え入れる覚悟もできたと帰国して病院へ向かったら、ガン細胞がすっかり治っていた、というものです。

これはずいぶん極端な話だと思われるかもしれませんが、ほぼ事実です。たくさん笑う事でうつ病が改善することも分かっています。これも脳細胞が、笑ったり楽しい経験をしたりすることで活性化するためです。

さきほどのナチュラル・キラー細胞というのは特に、日常で自分の体に住んでいる頼もしい細胞で、体内の悪いモノを発見してやっつける働きをしてくれるものです。

このNK細胞を有効に使ったガン治療が「免疫細胞治療」と言って、自分の免疫力を高める事でガンに打ち勝つ、とても有効な治療法です。笑えば笑うほど免疫力が高まる。悲しい時や辛いときほど、そして体が不調になったときほど、楽しい物を見て大笑いしたほうが良いというわけです。

意外にも体内は、常に戦っている

私達の体の中にはたくさんの細胞が生きていますが…彼らは、ただ栄養を食べて生きているだけじゃなく、毎日毎日、悪いものを見つけて消すお仕事をしたり、良い細胞同士で手を組んで体を丈夫にしたり、疲れを回復させたりと、常に戦いを続けています。

この細胞達の栄養というのが、今までは食べ物や飲み物から作られていると考えられていたのですが、研究を重ねるうちに、それだけでなく、「笑い」で作られるということが分かりつつあるのです!

嫌なことが増えて落ち込むと、細胞達の元気もなくなり、悪いものをやっつける力も弱まります。病気になった時ほど、大いに笑えば笑うほど、細胞は活性化し、元気を復活させてかつやくさせてくれるのです!

具合の悪いときは安静に…というのが医療の基本ですが、治したければどんどん楽しい物を見て、大いに笑いましょうという時代が近づいてきているのかもしれません。

笑えば笑うほど元気になる

そして笑う事は、脳にもとても良い刺激を与えます。脳が元気な人は表情も明るく、イキイキとしていますが、それは笑いの力によるものでもあったのです。

毎日をもっと元気に過ごしたいなら、お金をかけなくても良い、どこかへ無理にでかけなくてもいいんです。たったいまから、楽しいものをたくさん見て、大いに笑ってください。それがあなたの細胞を元気に、そして強く育ててくれる秘訣なのです!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る