TOP > > 理由がわからないけどスポーツ中の突然死は男性がダントツ多い!

理由がわからないけどスポーツ中の突然死は男性がダントツ多い!

スポーツをしている最中の心臓突然死は男性の方が圧倒的に多いそうです。

スポーツ中の心臓発作での突然死をよく耳にします。この突然死に男女差があることがフランスの研究で示唆されました。なんと男性の方が圧倒的に多いそうです。その上、女性ではスポーツの種類には関係ありませんでしたが、男性の場合はスポーツの種類によってもその差があるそうです。

年齢は大体46歳くらいが一番多いそうです。そして加齢に伴ってその確立も増えるということです。研究が続けられていますがなぜこの様な差があるのかは不明だそうです。各国、男性アスリート達の運動前のスクリーニングも神経質におこなわれているようです。

原因は今回の調査でもわかっていません。ただ昔からスポーツ中の心臓突然死の場合、本人も気付いていない間に心臓病にかかっていた場合が多いということは言われていました。スポーツのせいで心臓が悪くなったわけではなく、もともと心臓の病気を持っていた可能性が高いとも言われています。

いずれにせよ、健康のためにスポーツをしていても突然死に見舞われるようでは恐ろしいことです。男性だけが特に多いということも何故なのかわからないのです。

そのため研究をもっと続ける必要があるとともに安全性も考慮していかなければならないとのことです。突然死を招くスポーツの種類で一番多いのがランニング、水泳だそうです。

これからスポーツを始めようとしている方へ。

健康のため、これからスポーツを始めようとしている方に気をつけてもらいたいことをお伝えします。それは必ず医師の健康診断を受けてもらいたいということです。あらかじめ、ご自身の身体が今、どういう状態にあるのかを知っておくことは非常に重要なことです。

それには簡単な検査ではわからないこともあります。できるだけ細かく全身を検査してもらい不具合がある場合などは治療しながら、またスポーツの種類もどのようなものから始めると良いのか相談して下さい。

少しでも運動中のリスクを回避する1つの方法です。また定期的に検査も受けてください。スポーツを始めたことによってご自身の身体でよくなったところ、または負担をかけてしまっているところなどが明確になり、スポーツをする上で気をつけなければならないことが分かってきます。

運動、スポーツは全くしないよりは少しでもした方が健康によいことは確かです。ご自身でご自身の身体を把握しながら楽しくスポーツを続けられることを期待します。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る