TOP > > ジェルネイルをするなら知っておきたい爪カビのカンタン予防法

ジェルネイルをするなら知っておきたい爪カビのカンタン予防法

自宅で出来るキットも販売されて、ますます流行っているジェルネイルですが、それに伴って爪カビのトラブルで、皮膚科を受診する人が増えているようです。

別名グリーンネイルとも呼ばれるこの爪カビは、その名の通り爪が緑に変色する病気です。放っておけば爪がボロボロになってしまう爪カビを予防する方法をご紹介します。

爪カビは湿った場所が大好き

爪カビは、カビと言うだけあって水分が大好きです。ジェルネイルやネイルチップが爪から浮いている状態で放置すると、その浮いた隙間に入り込んだ水分を使って、カビが繁殖します。

薄い黄色→黄緑色→緑色→深緑と、爪が段々変色してきたら要注意。すぐにネイルをオフしてください。そして皮膚科で治療を受けることをおすすめします。基本的には、爪が伸びて緑色の部分が押し出されるのを待つのですが、薬が必要な場合もありますので、素人判断は禁物です。

爪カビの正体は、緑膿菌(りょくのうきん)という水回りにいるありふれた菌で、水分さえあればどんどん増えていきます。緑膿菌というと、気管支炎や肺炎を連想する人もいるかと思いますが、健康な人ならこれらの合併症は、まず起きませんのでご安心を。

アルコール消毒はほとんど効果なし

緑膿菌に感染しない為に、自宅でジェルネイルをする時は、アルコール消毒をする人が多いかと思います。これ自体はとても良いことなのですが、爪カビの予防という意味では、あまり効果がありません。ネイル用品を消毒したからといって、油断するのは危険です。

なぜなら緑膿菌は水回りによくいる菌なので、ジェルネイルの施術時にどんなに除菌しても、後からいくらでも感染する機会があるからです。台所で食器を洗ったり、お風呂の掃除をしている時に、知らない内に緑膿菌と接触しているのです。

皮膚なら緑膿菌が付着しても、ほとんどは洗い流されてしまいます。しかもその後にしっかり乾燥させれば、皮膚の上で緑膿菌が増えることはありません。でもジェルネイルと爪の間の湿った空間では、緑膿菌が繁殖してしまうのです。

自宅でのリフィルは爪カビのリスクが激増

ジェルネイルのオフは、爪に負担が掛かりますよね。すでに爪が薄くなっている人の中には、爪が伸びてもその部分をジェルで埋める「リフィル」をして、長持ちさせている人もいるかと思います。

でも爪カビの予防という点では、自分でやるリフィルには危険がいっぱいです。どうしてもしたい場合は、プロのネイリストに任せた方が安全です。プロの目で見て、すでにジェルネイルが浮いている場合には、オフの方をすすめてくれます。

爪カビ予防には施術サイクルを早めるのが一番

爪カビの予防には、入浴などで濡れた手を、しっかり乾燥させることが大切です。そして何より、爪が伸びてジェルネイルが浮いてきたら、すぐにオフするのが一番効果的です。

目安は、自宅でのセルフ施術なら2~3週間。ネイルサロンでの施術なら一ヶ月です。常にジェルネイルが爪に密着したキレイな状態をキープしていれば、爪カビになる心配はありません。

また、以前ならネイルサロンだけで使われていた爪カビ専用の抗菌剤が、最近はネット通販でも買えるようになりました。アルコール消毒よりも、こちらは抗菌効果が長期間持続するようです。自宅でジェルネイルを楽しむ方なら、必要に応じて試してみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る