TOP > > 疲れがよく取れる寝姿勢は、あお向け寝?それとも横向き寝?

疲れがよく取れる寝姿勢は、あお向け寝?それとも横向き寝?

日本人が寝る時にとる「寝姿勢」と言えば、あお向け寝または横向き寝、このどちらかの寝姿勢をとる人が大半を占めます。ところで、この2つの寝姿勢について、「疲れが取れやすい、健康的な寝姿勢」という視点で考えて、すぐれているのは一体どちらだと思いますか?

健康のために、より良い寝姿勢はこちら!

あお向け寝と横向き寝、健康のためにはどちらの寝姿勢を選んだ方がいいのかというと・・・これはズバリ、「あお向け寝」が正解です。なぜ、あお向け寝がいいのかというと、「呼吸が深くなり、リラックスして眠りやすい、ということです。

あお向け寝の場合、腕を左右に開いた状態になるので胸郭や横隔膜がしっかり開きやすくなるんですよ。これに対して横向き寝の場合、どうしても「体の前に両腕が来る」という状態になりやすいので、胸郭や横隔膜が開きにくく、呼吸が浅くなりがちなのです。

また「左右のどちらか一方に負荷が集中することなく、血行を阻害しにくい」という点でも、あお向け寝のほうがすぐれています。横向き寝だと、どうしても下になったほうの血管が集中的に圧迫されてしまうんですよね。

あお向け寝の場合は体重の負荷を背中からお尻にかけての「全体」で分散できるので、圧迫も少ないのです。ちなみに、肩の血流障害によって起こる「五十肩」の患者は、横向き寝の人の割合がはるかに多いと言われています。これこそまさに、「横向き寝の圧迫のリスク」を裏付ける現象と言えますね。

要注意!こんなあお向け寝だと体に悪い

というわけで、疲れをとるために理想的な寝姿勢は「横向き寝よりもあお向け寝」ということになるのですが、たとえあお向け寝でも、寝具が体にあっていないと、疲れが取れるどころか、健康に悪影響を与えてしまうことがあります。

たとえば、高すぎる枕で首が折れ曲がってしまうと、頭や首・肩への血流を阻害してしまい、起きぬけ時には「疲れがとれずにボーッとしている」「首と肩が痛い」という症状を招くことになります。

また、お尻が大きく沈むようなフカフカのマットレスもダメですね。お尻が沈みすぎると、背筋のカーブがおかしくなってしまい、腰痛などを招く原因となってしまうのです。

つまりここまでの話をまとめると、体に適した寝具を選んだ上で、あお向け寝をすることこそが、疲れをとるために役立つ理想的だということですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る