TOP > > 太陽健康法をマスターする!実は私たちの生活に欠かせない太陽

太陽健康法をマスターする!実は私たちの生活に欠かせない太陽

太陽健康法とは、太陽の光をたくさん浴びて健康になろうという方法です。私たちの心身にとって太陽光はとても欠かせない存在なのですが、多忙な現代社会において、その存在は軽視されつつあります。

パソコンやインターネットが主流となった情報化社会では、肉体労働系の仕事からパソコンを使ったオフィスワークにとってかわり、職場は暗いビル内で昼間でも蛍光灯が照らしている空間ですから、太陽が軽視されるのも頷けます。今回は、そんな太陽の必要性と、日光を生活に取り込んだ健康的な生活を解説していきます。

太陽は私たちの心身に欠かせない要素!

エジソンによって初めて実用的な白熱電球が開発されて、それ以降蛍光灯やLEDなどの可視光線によって私たちの夜の生活が支えられるようになってからと言うもの、太陽の光は軽視されがちですが、太陽光は単に住みやすい気候を作ったり、生活を照らす光というだけではなく、私たちの心身にとっても欠かせないものなのです。

まず、私たちの生活に太陽が欠かせない環境的要因としては、太陽があるお陰でここまでに温かく住みやすい環境ができているということや、植物などの育成に欠かせないという部分でしょう。

しかし、これらは全ての生物にとって大切なことになりますが、人間の心身にのみ、とても大切な役割を担っているのも太陽の大きな役目です。

太陽光は自律神経を整える

私たちの心身に及ぼす影響としては、太陽光は自律神経を整えるのに大切なものとなっています。夜行性の動物では夜に活動をしますから太陽は必要ありませんが、人間はやはり太陽の出ている日中に生活していく身体の構造になっています。

北海道に住んでいる人は、沖縄県に住んでいる人と比べて鬱病を患うリスクが高いという研究データが出ていますが、どちらも適度に自然に恵まれた環境である事は一致しています。

2つの大きな違いは、日が沈む早さになります。北海道は日本国内でもっとも日照時間が短いため、鬱病になる人の割合が多いといいます。

太陽の光をしっかりと浴びることによって、自律神経が整ってストレスに負けない健康的な心身が構築されますし、交感神経と副交感神経の連携がしっかりととれて、夜にはぐっすりと眠れる不眠知らずな身体になります。

現代人が社会で多くのストレスを抱えているのは、もちろん多忙で、より多くの他人と密接に関わらなくてはいけない社会だということもありますが、現代人の生活習慣からこうした太陽の大切さが軽視されている事が要因の一つなのではないでしょうか?

朝日が特に効果的

1日の太陽の光の中でも、とくに朝日は自律神経を整えるのに効果的です。朝早く目覚めて、朝日を見た日は、凄く心が澄んでやる気がみなぎってきますが、休みの日などで昼過ぎに起きてしまった日はなんだか1日やる気が起きないという経験があると思います。

これは、朝日を良く浴びたか浴びていないかによるものだと考えて間違いないでしょう。朝日に可能な限り長く浴びる事で、体調が整い、ストレスに強い心身と、やる気のみなぎる活力溢れる生活ができるはずです。

毎日1〜2時間の日光を浴びる

こうしたことから、理想は毎日2時間以上の朝日を浴びる事です。朝日と呼べる時間帯は、せいぜい午前11時前までの太陽光で、仕事などもありますし、9時前までの太陽光にしっかりと浴びる事ができれば、夜もぐっすり眠る事ができて、1日の生活の質がグンと上がる事でしょう。

また、早起きをすれば、それだけ余裕とゆとりのある朝を送る事ができますし、朝食も抜く事なくしっかりと摂る事ができるでしょう。朝食をしっかりと摂るかとらないかでも午前中の活動や心身の状態に大きな差が出ます。

早朝ウォーキングが効果的

多くの成功者がこぞって実践し、おすすめしている健康法は朝のウォーキングです。ある成功者は、ウォーキングを習慣にする事で人生がガラリと変わるとも言っています。早朝にウォーキングをしている近所の人は良く見かけますが、ウォーキングのメリットは、単に身体を動かす事による体力の維持ではないのです。

早朝ウォーキングの一番の魅力は、朝日をじゅうぶんに浴びられるという点にあるのです。朝日を浴びて自律神経がしっかり整うのと同時に、ウォーキングによって適度な運動で足腰や体力が維持されます。

早朝の人通りや車通りの少ない時間帯に実践する事で、いつもよりも周りの色々なものが見渡せて新鮮な空気も吸えるため、ストレスの解消にも繋がります。

こうした様々なメリットが一つになったのが早朝ウォーキングなのです。そして、身体を動かし、ストレスを解消し、リラックスをして自律神経が整うというすべての機能がフルで働いた時に、良質なアイディアは浮かぶものだとある成功者は語っています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る