TOP > > 間違いだらけの体温の常識!本当は37℃が平熱って知ってました?

間違いだらけの体温の常識!本当は37℃が平熱って知ってました?

貴方の平熱はどのくらいでしょうか?女性の人であれば基礎体温を気にしている場合も多いと思いますが、男性ではあまり興味のないことでしょう。人間は哺乳類であることはご存知と思いますが、恒温動物でもあるのです。

恒温動物の体温は基本的に一定しており、外気温などの影響で上下することはありません。爬虫類などの変温動物は外気温などの変化により自らの体温も大きく変化するのです。

それでは人間の体温はどのくらいが平均なのでしょうか?そこには驚く結果があったのです。

体温とは一体なんなのでしょう?どこで作っているの

人間は恒温動物であり、ある一定の体温がなければ細胞が活動できなくなります。人間は代謝を行うことで活動するためのエネルギーを得ていますが、この代謝は温度が高い方が効率の良い作用を働かせることができます。

しかし、あまりに高すぎると反対に細胞に負荷がかかってしまい、障害が起きてしまいます。

体温の調整は自律神経が行っており、外気温が低く寒いと感じたら「血管を収縮して体温を逃がさない」ように制御し、外気温が高く暑いと感じたら「血管を拡張し、発汗も促す」ことで身体を冷やすのです。

寒い日に薄着でいて身体が冷えてきたら、ぶるぶると震える動作は自律神経が身体を動かして熱を作り出しているのだと考えられます。人間にとって体温を維持することは、生命を維持することに直結していますので、最も重要な代謝だったのです。

驚きの事実!実は最も効率の良い体温は37℃だった

熱っぽくて体温を計り「風邪ひいちゃったよ」って感じる温度って何度ですか?日本人の大部分が37℃を境に発熱を意識していると思います。確かに体温計も37℃の文字が赤くなっており、いかにも「レッドゾーン突入」って感じがでています。したがって37℃を超えると「病気」であり、病院に行かなくてはならないと感じるのです。

実はですね、日本人の平均体温は「36.8℃」であり、世界的な平均は37℃を超えているらしいのです。ちょっとビックリな話ですが、全人類では37℃は「ちょうど良い体温」だったのです。

つまり、体温計のあの赤い37℃の文字はレッドゾーンではなく、「ここが人間の平均体温ですよ」のマークだったというわけです。

この話は日本人にとって驚く話であり、「すみません、今日熱が37度5分あるので会社休みます」が通用しなくなるかも知れません。もちろん平均体温は個人差や男女差、さらに人種によっても違いがあるので、37℃が全ての人の平熱ではありません。

外国人が冬山でやたら元気な謎が解けたぞ

よくテレビなどで白人の登山家が、冬山の天気の良い日に半そでで活動しているシーンを見かけます。国際線の飛行機の中でも、あんなに寒いのにTシャツ一枚でくつろいでいる姿もみかけます。「外人は身体が丈夫だなぁ」くらいに思っていたのですが、平熱に秘密があったようです。

日本人と違い外国人(特に白人)の平均体温は37℃を超えており、38℃を超えないかぎり発熱とは言わないそうです。それに引き換えアジア人種は平均体温が低いために寒さに弱いと考えられます。

どうして白人の体温が高いのかは不明ですが、どうも血液の比重が違うという話も聞いています。(本当か分かりません。)日本では高熱と呼ばれる38℃台は彼らにとっては「軽い発熱」であり、39℃に達して「中度の発熱」になるそうです。彼らの身体が強いのでなく、体温が高かったのですね。まぁこれが身体の強さかも知れませんが・・・。

私の平均体温は35.5℃しかなく、36℃を超すともう身体がだるくめまいもしてくる体質です。平均体温が37℃なんて信じられない数値であり、自分だったら一日中動けなくなると思います。

日本人には私のように平均体温が低下している人が増えているそうで、将来的な病気の発症も心配されています。低体温の人には発ガンのリスクが向上するというニュースもありましたが、自分の体温を簡単にはコントロールすることはできないのが現状です。

37℃が人類の平均体温だとしたら、貴方は「すみません熱が37℃もあるんです」って病院に行くことができますか?

私は・・・・・・行きます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る