TOP > > 貴方は水道水を飲んでますか?発ガン物質トリハロメタンは危険なのか

貴方は水道水を飲んでますか?発ガン物質トリハロメタンは危険なのか

私達の住んでいる日本は世界の中でも水が豊富な国です。日本の水は柔らかい口当たりが特徴である軟水で、「名水」と呼ばれている湧き水も数多くあるようです。水が美味しいことは普段はあまり意識しませんが、海外などに行くと日本の水の品質に感動することもありますよね。

水の美味しさは名水だけではなく、水道水においても同様です。各自治体が運営している水道の品質は年々向上しており、ミネラルウォーターと比較しても遜色のないものさえあるそうです。

本来、水道の水は美味しさを追求するよりも、「安心」「安全」「安定」を優先する傾向にありましたが、現在では美味しい水が多くなっているのも事実です。水道水が消毒されていることをご存知でしょうか?水道事業を行うにあたって一番重要なことは、味覚よりも安全になります。

日本の水道には水の安全を担保するために、消毒が義務付けられているのです。水道水の消毒は塩素によって行われており、家庭の蛇口から出る水に0.1PPM以上の濃度が必要と規定されています。

これは日本の水道は地下水や湧き水を利用するのではなく、河川の水を使用しているために衛生上の理由から必要な行為とも言えるでしょう。

トリハロメタンと言われる物質があります。トリハロメタンは塩素と水道に含まれる僅かな有機物が化合されることで作られる有機塩素化合物です。日本の水道水の問題点はこのトリハロメタンにありますが、本当に危険な物質なのでしょうか?

消毒用の塩素とトリハロメタンの関係を教えて下さい

私達が使用している水道水は、各自治体が運営する浄水施設で作られています。多数の浄水施設において採用されているのが「ろ過」と「消毒」による浄水方式であり、大量の水道水の供給を行うことが可能になります。

消毒は塩素によるものが主流であり、細菌や微生物などを死滅させることが目的となります。しかし、水道は浄水施設から各家庭まで、水道管を通さなくてはならずその間に雑菌が混入したり、汚染される可能性も否定できません。

このような懸念から水道法では「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合は、0.4mg/L)以上保持するように塩素消毒をすること。」と規定されているのです。

簡単に説明すると「各家庭の水道の蛇口から出る水には、0.1ppm以上の塩素が入っていなければダメよ。」と言うことです。浄水施設ではろ過された水道水を水道管に流し込む前に、塩素を投入して各家庭に送っていることになります。

トリハロメタンはこの塩素によって化合される物質であり、「クロロホルム」や「ブロモジクロロメタン」などの物質の総称となっています。実はトリハロメタンの中で一番多い物質がクロロホルムであり、トリハロメタンの問題はクロロホルムの問題」と言っても良いと思います。

水道水の中に含まれるクロロホルムの危険性を考えましょう

クロロホルムは医療分野において、麻酔として利用されている物質であり、発ガン物質でもあるそうです。毒性の強い物質であり、量によっては肝臓や腎臓、呼吸器などに重篤な影響をもたらすことがあります。

水道水の危険性を考える時に必ず出る言葉が「発ガン性」であり、一般的な会話においては「水道には塩素が含まれているからガンにかかってしまう。」が主流だと思います。

実際のところ、塩素に発ガン性があると言う説は、トリハロメタンの種類のクロロホルムに発ガン性があると言うことだったのです。それでは、クロロホルムの発ガン性はどうなっているのでしょう。

クロロホルムと発ガン性のリスクについて考える

クロロホルムと発ガン性については、様々な意見があると思いますが、環境省が出している資料によると「弱い因果関係しか認められず、不十分な証拠しかない。」と結論付けされています。

また国際がん研究機関(IARC)による評価では、5段階中の3番目である「2B」(発ガン性が疑われる)に分類されています。この分類が高いのか低いのかは個人の判断になりますが、同じ2Bに分類されているものには「コーヒー」「アジアにおいての漬物」「大工仕事に従事」などもあります。

IARCの評価では漬物やコーヒーとクロロホルムの発ガン性は同じ程度と言うことなのです。この評価が完全に正しいのかは、各人で考えるしかありませんが、個人的な意見としましては、クロロホルムを必要以上に危険視する必要は感じられませんでした。

様々な意見の中では「水道水を飲むな」「子供に与えてはいけない」などの声も聞こえてきます。たしかに塩素が有害物質を生むことは事実なので、反対することはできません。

浄水器やミネラル水も大きなマーケットになっているそうです。しかし、発ガン性に限って考えるのであれば、一部の人間にあおられている側面もありそうですね。貴方はどう思いますか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る