TOP > > ビタミンCが消える!?意外におそろしい静電気が与える健康への影響

ビタミンCが消える!?意外におそろしい静電気が与える健康への影響

ドアノブに触れてバチッ!手すりに触れてバチッ!寒い時期の風物詩とも言える「静電気」。誰にでも起こりうる事ですが、中には頻繁にこの静電気に悩まされている方もいる様です。そういった方は自然放電が出来ない帯電体質になっており、身体に様々な悪影響を与えてしまう事が懸念されています。

血液ドロドロは静電気を溜め込む原因!!マイナスイオンを摂取して改善しよう

静電気とは、発生したマイナスの電気が物質の中に留まるなどして、自然放電できない状態にある時に、プラスの電気を帯びた身体で触れると電気が引きつけ合い、感電する事を言います。プラスとマイナスが逆の場合も、同様の事が起こります。

静電気は気温20℃以下、湿度20%以下の環境で起こりやすく、まさに日本の冬がそれにあたります。一般的に人間は自然放電をするため、体内に電気を溜め込む事は少ないのですが、生活環境などが原因で血液がドロドロの状態にあると、身体がプラスの電気を溜め込みがちになり、静電気を受けやすくなります。

血液がドロドロの状態の人の身体にはマイナスイオンが不足している事がわかっています。人間の身体はイオンと呼ばれる電気を有する事で酸性とアルカリ性とのバランスを保っているのですが、ストレス等によってイオンのマイナスは失われやすく、酸性に傾いてしまいがちになります。

マイナスイオンが失われた身体はプラスの電気を纏うため、マイナスの電気を引きつけやすくなります。ドアノブなどの金属の電気はマイナスである事が多く、これに触れる事で電気が金属から身体に流れ、バチッという軽い痛みを覚える事になります。

マイナスイオンは食事によって補給する事が出来ます。ミネラルウォーターが手軽でお勧めですが、緑黄色野菜や海草類などの食材を意識してとる事を心がけましょう。精神面で疲れた時には、マイナスイオンが発生しやすい噴水や滝を見に行くなどしてリフレッシュしてみるのも良いでしょう。

たかが静電気、では済まされない!静電気がおこす身体への悪影響「ビタミンCが消える!」

静電気とは言っても、ちょっとバチッとするだけで気にする程の事では無いと考えていませんか?中には自分が静電気体質だと自慢する方もいるそうですが、実は考えているよりも深刻な問題が、静電気によってあなたの身体にもたらされている可能性があります。

静電気を溜め込むと、身体からビタミンCとカルシウムが約20%も流出する事がわかっています。ビタミンCは体内に溜め込む事が出来ない栄養素の1つ。ただでさえ毎日摂らなければならない所を、肌が荒れやすい冬に減らされてしまうのは、女性ならずとも男性にとっても、病気に対する抵抗力が減少したりと、良い顔は出来ません。

また血糖値の上昇・貧血・ストレス過敏・肩こり・免疫力の低下と、健康面のマイナスがこんなにも存在します。身体が電気を帯びる事で、ホコリを肌が吸着しやすくなったり、ダニをおびき寄せやすくするなどの被害も考えられます。

日頃の食生活では肉類を少なめにし、睡眠を十分とり、衣類に気を配るなど、静電気を軽くとらえすぎない事が、何気ない健康への大きな一歩である事は間違いありません。手軽に買える放電グッズなどを利用してみるのも、良いかもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る