TOP > > 外での運動ができなくても産後ママが健康に痩せる方法とは?

外での運動ができなくても産後ママが健康に痩せる方法とは?

家にいて痩せたい!

妊娠で十キロ以上太ってしまった体重・・。早く元に戻したいと思いますよね。しかし、新生児を抱えていると、当然外での運動を毎日するというのは無理です。

授乳により、だいぶ体重は落ちますが、あと2~3キロがなかなか落ちずに、焦っていませんか?私が実はそうでした。妊娠すると、15キロくらい増えてしまうので、元に戻す為に苦労しました。

家で身体を動かす

早速ステッパーを購入しました。いかにも三日坊主になってしまいそうなアイテムでしたので、リサイクルショップで1000円で購入!外に出られず、これしかない!と思ってましたので、意外にも継続できました。

私の場合は、厚着をしてテレビの前で30分くらい踏むことを日課にしました。赤ちゃんが途中ぐずる時は、抱っこしながら踏んだこともありました。友人は、身体にサランラップを巻いて踏むと、さらに効果的と語っていました。

お風呂を利用する

ぬるめのお湯で半身浴が良いとされていますが、子育て中で時間がなく、ダイエットが目的の人には、42度くらいの熱いお湯に入ることをお勧めします。熱いお湯に入ったり、上がったりを繰り返すことで、効果的にエネルギーを消費できるようです。汗がだらだらと出てくるのを感じられるはずです。

ごぼう茶でデトックス!

便秘がちな人に特にお勧めなのが、ごぼう茶です。人によっては、すぐに下痢をする人もいるようなのでご用心を!体の老廃物を取り除いてくれるのできれいに痩せられるかもしれません。何より味も美味しくて飲みやすいので、長く飲み続けられると思います。少し割高ですが、色々なドラッグストアに置かれていますよ。

母乳に良い食事を心がける

産婦人科で、母乳に良いとされる食事の指導をされたと思います。油は摂りすぎない、肉よりも魚を摂る。チョコレートや生クリーム、は控える、乳製品は摂りすぎない、れんこんやごぼう、ニンジンなどの根菜類を多く摂るなど。

和食中心の食事を心がけるようにと言われます。母乳にも、ダイエットの為にも最適の食生活なので、継続したいものですね。

骨盤矯正

産後なかなか痩せなかったのに、骨盤矯正をしたら痩せやすくなったという話もよく聞きます。骨盤のゆがみは色々な影響を引き起こすので、一度はみてもらった方がよいでしょう。最近では、託児付きのところも多くあるようです。そのようなサービスもうまく活用しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る