TOP > > 最短で健康な身体に体質改善するための秘策とは?

最短で健康な身体に体質改善するための秘策とは?

どんな体質をどういう風に改善したいかを明確にする

体質改善と一言で言っても、どんな体質をどう改善したいのかというのも重要なポイントです。生まれつき、いわゆる遺伝的なものや母子感染などによる持病的な体質は、そう簡単に改善できるものかどうかはわかりません。細胞の種類によっては、生まれた時から数が決まっている場合もあるからです。

ここに書いてある秘策は、先天的なもので変更不可能なことに関しては、あまり効果がないかもしれません。それでも、どうにかならないかと考えているのであれば、次にどうすればいいかを考えるステップにはなるかもしれません。とりあえず試してみるのもいいと思います。

原因と考えられるものを全て書き出す

難しいことはお医者さんに任せて、ここでは、誰でもが、今すぐ始めることのできる体質改善の基本を考えてみたいと思います。体質改善の基本は何かというと、そういう体質になった原因を知ることです。

身体は、【環境】、【食事】、【運動】、【睡眠】、【ストレス】という要因で変わります。そして、それらは全て、人によって違います。どういう体質であるかということは、同時にどういう原因でそういう体質になったのか、ということです。

そこで、この5つの要因に関して、自分自身のことを紙に書き出します。少しの時間を掛けて、各項目毎に、自分が感じている全てを箇条書きにして書きだすのです。

【環境】には、公害や空気汚染、臭い、音、場所など自分は受けるだけの周りすべての状況のことを指します。どういう所で生活をしているか、職場はどういう状況か、どんな場所にありどういう仕事をしているかも含めて考えて下さい。家族がいるか、毎日やっていることはあるか、そういうことも含めて考えます。喫煙環境も書き出します。

【食事】には、食べる物の種類、量、調理方法、調味料、添加物、鮮度、農薬、作られた場所なども全て含まれます。また、誰とどこでどういう食事をとることが多いかといったことも、環境ともかぶりますが、特に食事に関してのことであれば食事に含めて考えます。

また、薬の服用や喫煙、飲酒の頻度や量も、食事ではありませんが、体内に摂り込むという意味で食事に含めます。

【運動】には、日常の運動量、成長期の運動経験、体脂肪、筋肉量、労働時の姿勢や状態、好きか嫌いかなども全て含めます。また趣味や遊びでやっているスポーツも全て書き出します。運動をする方で、筋肉痛などのために貼り薬を使っている場合は、それも書きだしてみて下さい。

【睡眠】は、毎日の睡眠状況に関しての全てです。何時に寝て何時に起きるのか、何時間くらいどんな睡眠をとっているか、薬を使っているかどうかなども書き出します。寝る場所の環境も睡眠に含めます。

【ストレス】は、自分がどういうストレスを受けているかを考えます。これは、他の4つの項目に起因するかもしれませんが、単にストレスを受けているものとしてこだわらずに書き出します。

例えば人間関係は、環境にも大きく関わっていますが、それがストレス要因だとすれば、そのままストレスとして考えます。ダブっても構いません。

自分の弱点を見つける

書きだして見ることによって、普段は気づかない自分の生活習慣を客観的にみることができます。例えば、日々影響を受けている環境に、思わぬストレス要因が隠れていたり、食生活の良し悪しや運動不足かどうかなども見直すこともできます。

睡眠も意識していなくても隠れ不眠症の場合もありますので、客観的に見た時に身体の不調の原因が睡眠不足によるものかどうかもわかるのです。

そうやって見つけ出した弱点は、まず認識しただけで、かなり効果を発揮します。何故ならば、それが自分の弱点だとわかれば、常に普段の生活上意識し始めるからです。

意識すれば自然と変わっていきます。例えば好き嫌いをなくそうとしたり、運動量を増やしたり、ストレッチをこまめにやったりするようになるのです。

逆手必勝

そんな単純なことと思うかもしれませんが、案外、原因と思われることの逆のことをやってみると、功を奏することがあります。嫌いな物を残していたなら、嫌いな物から食べるようにするとか、運動不足と感じたら、運動を取り入れてみるといった感じです。

環境とストレスの間には、密接な関係があります。自分では変えることができない環境であれば、それだけでストレスの要因なのです。

この場合は、周りを変えることができないので、変えられる自分を変えることでストレスを回避する方法を考えます。自分がどう変われば状況が良くなるのかを考えるのです。案外簡単かもしれませんよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る