TOP > > 邪魔者なだけ?「親知らず」は抜いた方がいいの?

邪魔者なだけ?「親知らず」は抜いた方がいいの?

貴方には、「親知らず」が生えていますか?4本全部生えている人や、全く生えていない人もいると思います。ただ、生えているからと言って、歯本来の役割を果たしているかどうかは、歯科医に確認して貰わないと分からないので、なんとも微妙な歯である事は事実です。一度抜いたのにまた生えてきた。という人もいる事が報告されています。

「親知らず」の存在意味

親の知らないうちに生えてくるので、「親知らず」といいます。言葉そのままの意味ですね。勿論、諸説あるようですが、生えて来る年齢が20歳前後と遅く、中には30歳近くなって生えてきたというケースもあり、親の知らないうちにという意味も頷けます。

問題は、最後に生えてくるためスペースの問題などで、キチンとまっすぐに生えてくることがあまり無いという事です。斜めだったり、一部陥没していたりと、厄介な生え方をします。

極端な話ですが、生えてくるスペースが全くなければ、生えてこない歯だということです。(ちなみに、筆者は、一本も生えてきませんでした)最も、最近の若者の中に、この「親知らず」の元になる物が歯茎の中に無いというケースがみられるようです。

顎の大きさが、関係していると考えられていますが、確かに最近の若者の顎は、昔から比べると小さくなってきている様に思えます。さてこの「親知らず」ですが、基本は抜歯です。

狭いスペースに無理やり生えてくる事が多く、生えてくるときにかなりの痛みを伴う事があり、となりの歯に悪影響を及ぼす危険性もあります。生えてきても、まっすぐでなければ正直、役には立ちません。

歯磨きもしづらいですし、そのせいか虫歯にかかる率も高くなります。虫歯になったら、間違いなく抜歯となります。虫歯が確認されなくても、一部が陥没していたりすると、やはり抜歯が奨められます。医師によっては、虫歯になりやすいので早めの抜歯を奨めてくるようです。

なんで生えてくるの?と言いたい「親知らず」ですが、希に役に立つ事もあるようです。奥歯が、何らかの理由で欠損した時に、この「親知らず」を役立てるということだそうです。

最も、そのために保存するには、リスクが大きいように思えますが。「親知らず」が生えた為に、かみ合わせがズレてしまい頭痛や肩こりの引き金になってしまう事も報告されています。

「親知らず」をどうするかを決める最大のポイントは、歯として機能しているかどうかになるかと思います。勿論、自分では判断できませんので、信頼のおける歯科医の判断を仰ぐ事が重要だと思います。

今は何も問題を起こしていない「親知らず」でも、将来的にリスクがあるのであれば、早めに診断を仰ぐ事も大切ですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る