TOP > > 温湿布VS冷湿布!病気の症状別湿布の使い分けを大発表

温湿布VS冷湿布!病気の症状別湿布の使い分けを大発表

湿布には、温湿布と冷湿布があります。どちらも同じ湿布ですが、病気の症状によって最適なモノが変わる事をご存知でしょうか?そこで今回は、病気の症状別湿布の使い分け方をご紹介します。湿布を使う機会は急に来ますので、事前に知っておくと、いざという時に便利ですよ!

温湿布がお勧めの症状について!

温湿布は、カプサイシンと呼ばれる唐辛子に含有されている成分が使われています。そのため、温湿布を使用すると、幹部が温まるという特徴があります。では、この温湿布が効果を最大限に発揮する症状には、どのような物があるのでしょうか?

それは、肩こりや腰痛、しもやけ、神経痛などの血行不良が原因と思われる症状です。温湿布は患部を温める作用がある為、痛みの緩和を促すと言われています。ただ、温湿布だけで血行促進をするほどの効果は認められないようです。

その為血行不良が原因で起こる、肩こりや腰痛などの症状を緩和させる為には、温湿布と並行して血行促進作用の強いビタミンEなども摂取すると、より効果的です。

冷湿布がお勧めの症状について!

冷湿布は、メントールが用いられている事が多く、貼ると幹部がヒンヤリします。そのため、熱を帯びるような痛みに使用すると良いとされています。たとえば、打撲やねんざなどの症状です。打撲やねんざの時は、痛みを感じる場所が熱を帯びている事が多いです。

冷湿布を使用する事で炎症を抑え、痛みの緩和をはかる事ができます。もし仮に打撲やねんざの際、温湿布を使ってしまうと炎症が悪化する可能性もあります。ですから、なるべくならば冷湿布を貼って様子を見た方が良いですよ。

温湿布でも冷湿布でも適している症状について!

筋肉痛や原因不明のだるさなどに湿布を使用する際は、温湿布でも冷湿布でもお好みの方でよいと言われています。使い心地の良い方をお選びください。また、温湿布も冷湿布も消炎鎮痛効果がありますので、どちらを使用しても一定の効果が期待できます。

血行不良が原因の痛みや、幹部が炎症している場合意外でしたら、温湿布でも冷湿布でも効果は変わりませんので、お手持ちの湿布をご使用ください。

このように、温湿布と冷湿布では、症状により適したモノが変わるのです。ご自身で判断が難しい場合は、病院の先生やドラッグストアの薬剤師さんにご相談ください。一人ひとりの症状に合わせて、適切な湿布を選んでもらえます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る