TOP > > 会議中、授業中、勉強中、運転中などの眠気を覚ますアロマのおすすめ

会議中、授業中、勉強中、運転中などの眠気を覚ますアロマのおすすめ

眠気払いアロマのおすすめ

眠い、だるい、集中できない、頭がボーっとする、やる気がでない……などの状態でお困りの方へ。これらの状態を克服するために眠気払いアロマがおすすめです。このアロマの香りを嗅ぐと、目が覚め、頭がすっきりします。

眠気払いアロマの作り方

精神集中作用、頭脳明晰作用があるとして昔から世界中で愛用されてきたアロマを3種類ブレンドして眠気払いアロマを創作しました。その作り方は、ユーカリ精油1ml、ペパーミント精油1ml、ローズマリー精油1mlを無水エタノール7mlに混合溶解します。これを栓付きのアロマボトルまたは香水ボトルに入れます。

眠気払いアロマの使い方と効果

アロマボトルの栓をとり、ボトルの口を鼻先にあてがいます。ボトルの口から漂ってくる香りを鼻で嗅ぎながら深呼吸します。これによって香気(香りの気体)が鼻から吸引されます。

香りを嗅ぎ始めるとすぐに、眠気が払拭されるのを感じます。頭がすーっとします。だるさが取れます。手が着けられずに放ってあったタスクに手を着けようという意欲が湧いてきます。ヤル気が出てきます。

タスクに手を着けると判ることですが、頭が回転しているのが実感できます。仕事や勉強のノーリツが上がるのを感じます。集中できます。なかなか浮かばなかったアイディアがどんどん湧いてきます。

仕事や勉強を続けても疲れを感じません。テレビを観ながら居眠りしてしまうことがなくなります。映画館で長編映画の途中で爆睡してしまうこともありません。講演会や授業中や会議の途中で眠くなることもありません。

朝になってもだるくて起きられないときに、ベッドの中で眠気払いアロマを吸引するとだるさが吹っ飛び、からだに力が入るようになり、ベッドから起き上がることができます。低血圧の人では特に効果があります。

薬事法上の注意

以上、眠気払いアロマについての効能効果用法を書きましたが、本剤は医薬品ではありません。本剤を作って第3者に提供すると有償、無償にかかわらず薬事法違反になりますのでご注意ください。あくまで自作自演用にお止めください。

補足

上記の文中ではユーカリ精油、ペパーミント精油、ローズマリー精油の3種類の成分を無水エタノールに溶かした混合レシピを紹介しましたが、これらのうちの1種類だけでもかなりの効果があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る