TOP > > 笑う健康法!なぜ笑うことで健康になれるのか?

笑う健康法!なぜ笑うことで健康になれるのか?

「笑う門には福来る」日本にはこんなことわざもあります。私たち人間には喜怒哀楽というのがありますね。感情の起伏が激しい人は、ついさっき笑っていたと思ったら今この瞬間は怒っているなんて人もいますが、感情というのも精神面や健康面に大きく影響しています。

笑顔が人を幸せにする

世の中には様々な健康法というのがありますが、中には笑う健康法というのもあります。その名の通り笑うことで健康になれるというものです。

ここで一旦笑う健康法から頭を切り離してみましょう。例えば2人の人がいて、1人は楽しそうに笑っていて、もう1人はとても不機嫌そうに眉間にシワを寄せています。パット見たとき幸せそうに見えるのは、笑っている人ですよね?

笑っている人や笑顔の人を見ていると、こっちまでなんとなくほっこりした気持ちになってきます。逆に怒っている人や不機嫌そうな人を見ていると、こっちまで気持ちが沈んでしまいますね。このように人の表情一つで周囲の人の気持ちも左右させてしまうのです。

これは自分自身にも言えることで、笑っている時というのは決して悪い気分ではありませんね。でもイライラしたり何かに怒っているときというのは、あまりいい気分ではありません。

ストレスも感じているので体にも様々な影響が出てきます。単純に考えても、笑うという何気ないことでも悪いことではないと理解出来ると思います。

笑うだけで本当に健康になれるのか?

私たち人間の体には、自分が思っている以上にすごいことが目に見えないところで繰り広げられているのです。笑う時は誰かに命令されることもなく、自分の意思で行いますね。

クスクスっと小さく笑う、ゲラゲラとお腹を抱えて思い切り笑うなど笑い方にもいろいろありますが、笑うことで免疫力や抵抗力がアップするという事も証明されているそうです。

自然に無意識に行うものですが、笑うこと自体は薬を使うこともなく体に負担をかけることもありませんね。薬のような副作用もないし、笑っているときは自分自身も肩の力が抜けてリラックスできるのを感じられると思います。

とはいえ今はストレス社会とも呼ばれているように、とても笑えるような気分ではないという人も多いでしょう。そういう時には自分が笑顔になれるものを思い浮かべてみましょう。

ペットや子供の愛くるしい表情や仕草でもいいですね。好きな人との楽しい思い出、お腹を抱えて笑った出来事なら誰にでも一度はあるはずです。それを思い浮かべてみましょう。

そんな時は自然と笑顔になっていませんか?笑うといってもいろんな笑い方があるので、何もゲラゲラと大笑いをする必要はありません。ほんの一瞬でも笑顔になれることを思い浮かべてみましょう。きっと一瞬でもホっとして肩の力が抜けているはずです。

笑うことで脳を刺激する

無意識で行っている、笑うという動作は脳にも適度な刺激を与えています。脳が刺激されることでナチュラルキラーという免疫細胞が増えることも確認されています。いつも笑っていればナチュラルキラーも増えて、病気に強い体になれるということですね。

よくバカ笑いをしたり、涙が出るほど転げまわって笑った時、腹筋が痛いと感じることがあります。大笑いをした時には腹筋を使うので、意外なところにも効果が出ているのです。腹の底から笑う場合は無意識に腹式呼吸をしているので、副交感神経や自律神経にもいい刺激となります。

このように「笑う」だけでも体のいろいろなところには、良い影響を与えているのです。笑うだけなら費用もかからないし、副作用もないからすごくお得ですよね。ずっとしかめっ面をしているよりも笑顔の方が自分も周りの人も幸せな気分になれます。

腹筋を使うので、ポッコリお腹も解消出来るかもしれませんね。1日のうち1回でもいいので何か嬉しかったことや楽しかったことを思い出して、笑うこれを実践していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る