TOP > > 強い日差しや熱波が肌トラブルの原因かも?!夏の肌トラブルと対処法

強い日差しや熱波が肌トラブルの原因かも?!夏の肌トラブルと対処法

毎日、うだるような暑さが、続いていますね。一体いつまで続くのか、考えただけでも具合が悪くなってしまいそうです。こんな猛暑の夏は、肌にとっても過酷な季節といえます。

強い紫外線や高温多湿の空気、汗をたくさんかくことによっても、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいがちです。また、外は湿度が高いのですが、逆に、オフィスなど冷房の効いた室内では、除湿効果で空気が乾燥していることにも注意が必要です。

つまり、自分が思っている以上に、肌には色々なストレスがかかっているので、気が付いた時には、肌がボロボロになっていて、後々取り返しのつかない事になるというも、決しておおげさな話ではありません。

では、どうやって、夏の紫外線や猛暑の環境から、肌を守れば良いのでしょうか?そこで、夏の肌トラブルとその対処法をお教えします。

あなたの肌は大丈夫?夏の肌荒れの原因をしっかり知ろう!

夏場に多い肌のトラブルは、何といっても「湿疹」・「皮膚炎」・「あせも」です。夏は、強い紫外線を受けるため、肌がダメージを受けやすく、肌の免疫力も落ちている状態です。

そんな時に、汗をたくさんかいたり、湿度が高いと、肌の雑菌が増えたり、汗が汗腺に詰まったりして、湿疹やあせも、皮膚の炎症などのトラブルが起こるのです。こうした状態を放っておくと、肌がかぶれて痕が残ったり、かゆみを感じて肌をかき壊してしまったりとトラブルが悪化します。

また、強い紫外線によって、角質のバリアー機能が衰えているので、肌の表面にある、うるおい成分のヒアルロン酸やコンドロイチンといった保湿成分が失われていくのです。これでは、美しい肌を保つことなどできません。

あなたの肌は夏バテしていませんか?夏の疲れた肌を美しく保つ秘訣

夏の肌トラブルを回復したり、予防するには、まずは、肌を清潔に保つ事です。お風呂に入り、汗や汚れをきれいに落とすことを徹底しましょう。暑いからといって、シャワーだけで済まさずに、しっかりとお湯につかることが大切です。

お風呂に浸かることで、肌の血行がよくなり新陳代謝が活発になります。紫外線などでダメージを受けた肌の角質が修復され、うるおい成分も再生しますので、みずみずしい滑らかな肌を取り戻せます。

美しい肌を保つために、絶対にやってはいけないこと

まず、お風呂で肌を強く「ゴシゴシ」と洗うのは危険です!皮膚にキズが付き、そこにバイ菌が入り、肌や皮膚のバリアー機能が損なわれるからです。また、汗に含まれる尿素の刺激で、肌の状態が悪化することもありますから、やわらかいスポンジなどで軽くすべらすように洗うと良いでしょう。

また、肌に湿疹やあせもができた時は、どうしても、かゆくなります。ここで重要な事は、いくらかゆくても、絶対にかかないこと!つい、ボリボリとかいてしまうのは、良く分かります。しかし、これも肌にとっては、キズをつけることになりますので、増殖したバイ菌が症状を悪化させ、さらにかゆみが強くなってしまいます。

つまり「掻けば掻くほどかゆくなる」という悪循環に陥ってしまうのです。どうしても、かゆい時は、ワセリンなど刺激の少ないクリームを塗って、肌を傷つけないように、指の腹でやさしくなでるようにするしかありません。

寝ている間に、無意識にかいてしまう場合は、手袋をしたり、患部を包帯や絆創膏などで保護して、引っ掻かないよう工夫しましょう。また、薬局などで、ステロイド剤というかゆみ止めの薬がありますので、こうした薬を使うのも良いでしょう。

ただし、皮膚の疾患は、正確に判断するのが難しいので、必ず薬剤師などに相談しましょう。薬を塗る場合には、人差し指の第1関節くらいまでの量たっぷりと患部の周辺まで、広く多めに塗りましょう。薬をケチってはいけません。

夏に負けない!肌トラブルを回復して、美しい肌を保つには

日焼け止めクリームを塗ったり、日傘などで紫外線対策をされている方は多いでしょう。しかし、体の外からだけでなく、内側から肌を守ることも大切です。

肌を守るのに良い栄養素はたくさんありますが、最も知られるビタミンCの他に、欠かせないのがビタミンB2です。B2は荒れた肌の細胞を再生させ、肌のバリアー機能を高めてくれる最も優れた「美容のビタミン」だと私は考えています。

これが不足すると、すぐに肌荒れの症状につながります。逆に言えば、ビタミンB2が肌を守る砦なのです。B2は、うなぎ、いわし、豚レバー、納豆、緑黄色野菜、牛乳などに多く含まれています。

できるだけ、こうした食品を摂るように心掛けましょう。例えば「夏野菜のレバー炒め」や「イワシのレモン和え」などはいかがでしょうか?肌を体の内側と外側の両方から守って、夏に負けない、美しい肌を保って行きましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る