TOP > > 「生あくび」が教える危険信号!「あくび」との違いを要チェック!

「生あくび」が教える危険信号!「あくび」との違いを要チェック!

「あくび」は何故おきてくるのか、実はまだそのメカニズムは解明されていないのです。昔から言われていた、「脳が酸欠状態にあるから」という理論は研究者によって間違いである事が証明されました。

他の動物にも見られる「あくび」ですが、(鳥もあくびをするのですよ)「生あくび」と言われるあくびとの違いや、「生あくび」の影に隠れている病気などを、ご紹介したいと思います。

「あくび」と「生あくび」

簡単に言うと、眠い時に出てくるのが「あくび」で、眠気が無いのに出てくるのが「生あくび」と判断していいようです。怖いのは「生あくび」の方で、脳梗塞や狭心症などの怖い病気が影に隠れている場合があります。

決して、軽く考えてはいけないことを自覚しなければいけないのです。「あくび」が起きるメカニズムには様々な説があるのですが、今のところ解明されていない状態だとご説明しました。が、「生あくび」がおきてくる原因については、ある程度分かってきている状態です。

大きな原因として考えられているのは、やはりストレスのようです。そして、ある種類の病気が「生あくび」をひきおこす事も分かってきているのです。

「生あくび」と病気

人は、緊張した時にも「あくび」が出る事があります。これは、ストレスからくる「あくび」で「生あくび」だと言っていいかもしれません。昼間に出る「あくび」が、睡眠障害を教えてくれる事があります。

自分では寝ているつもりでも、いびきや無呼吸症候群の為に身体が睡眠不足に陥っている場合は、「あくび」が連続する可能性があるのです。

「生あくび」と関連深い病気が脳梗塞です。脳梗塞の前兆として「生あくび」が現れてくることは、脳梗塞の発症を知る上で、とても重要なポイントになっています。

「生あくび」と同時に吐き気や頭痛が感じられたのなら、すぐに病院へ、あるいは救急車の要請をしてください。命の危険が迫っているかもしれません。

一日に何度も「生あくび」をするようなら、やはり病院へ行く事をオススメします。うつ病や脳腫瘍などの病気がある場合もあるので、「生あくび」は簡単に考えないほうがいいと思われます。

「あくび」の諸説

「あくび」の発生マカニズムで、現在言われているのは、脳の活性化・脳への刺激そして多くの人が信じていると思われる、脳へ酸素を送る為 というものですこの中の、脳への酸素供給については、研究者によって間違っていると証明されています。

ところが、まだほとんどの人は、この事実を知りません。そのため、眠く無い時に起きた「あくび」を「生あくび」とは認識せずに、脳への酸素供給のためと誤解してしまうのです。

ある意味、とても怖い誤解だと思われます。疲れがたまると、「生あくび」が出やすくなるとの報告もありますので、ただの「あくび」との差別化を認識して、疲れをためない生活を心がけることをオススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る