TOP > > 見た目が若い人の健康状態を手に入れたいなら食を変えよう!

見た目が若い人の健康状態を手に入れたいなら食を変えよう!

「年齢以上に見た目が若いですね!」、「年相応ですね」、「失礼ですけど、年齢より老いて見えます」 このように人は3パターンに分けられるのでしょうが、それぞれの違いはどのようにして生まれるのでしょうか?生まれつき、将来若く見える遺伝子が組み込まれているのでしょうか?

もしかしたらそうなのかもしれません。しかし、何かを変えればこの見た目を変える事が出来るのであれば、それに取り組む価値はあるでしょう。ということで、食が変われば見た目が若くなる理由や、見た目が若い人が取り入れている食習慣をご紹介したいと思います。

忙しいビジネスマンの現状

現代のビジネスマンは忙しいです。特に日本は、働く事が大好きで残業大国です。そんな日本において、ビジネスマンが仕事以外の事に気を回せる範囲は極めて少ないです。継続的な運動、健康的な食生活。

取り入れれば自分自身にとってプラスになることは理解していても、日常の忙しさの中で、これらを取り入れるモチベーションが無いのが普通です。食習慣を変えれば、見た目も若くなり、脳の働きが活性化され、人生が見違えるでしょう!と言われても、行動に移せないのが現状なのです。

ましてや、今日の食事が5年後・10年後の自分のビジネスキャリアにどのように効いてくるか?を、正確に把握している人は少ないのです。

仕事と食事の関係性

ビジネスにおける仕事のパフォーマンスと食事が強く結び付いている、などというのは、ほとんどのビジネスマンが意識していないと思います。それゆえ、仕事でストレスを抱えると暴飲暴食や深酒に走るのです。

これらは、活動のエネルギーを奪い、心身ともに鈍化させ、仕事の効率を下げているのです。仕事の効率を下げるだけでなく、良質な睡眠が出来なくなり、身体の自由も徐々に奪っていくのです。これは食習慣を変える事が出来た人だけが味わえる感覚なのでしょう。

食習慣が変われば自身の体調が変わり、体調が変わると、モチベーションが生まれ、モチベーションが行動を変え、行動が変わると、周りの認知具合が変わり、最終的に自分自身が変わっていくのです。

食習慣が見た目を変える

見た目を若く保ちたいと思っている人は多くいますが、そのために重要だと分かっている食習慣を変える事が出来る人は多くありません。この背景には、自分の周りに多く存在する誘惑に打ち勝つだけのモチベーションが無い事が挙げられるでしょう。

だからこそ、最初から難易度の高い食習慣を取り入れ、食べ物を厳しく制限するのではなく、野菜や海藻類を最初に食べるなどの食べ方を変える、であったり、食べる量を減らすのが難しいのであれば、急がずゆっくり食事をするなど、ハードルの低い食習慣の変化から始めてみましょう。

居酒屋に行くことをやめろ!と言っているのではありません。間食を摂るのを止めろ!と言っているのでもありません。スタミナがつく!と言われる食事は夜にはしない、であったり、早すぎる夕飯を食べると太るのでしない、など、簡単な点から改善していきましょう。

食習慣を変え、見た目が若くなることにメリットを感じない人はいるかもしれませんが、見た目が若くなる事にデメリットを感じる人は少ないはずです。自分自身というものをもう一度見つめ直し、自分自身の適正状態を知り、老化を促進するような食べ方などの食習慣を徐々に断ち切りましょう。不健康な食習慣は、脳の働きを弱め、必ずビジネスにもマイナスの影響を与えるものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る