TOP > > ミドリムシで生活習慣病を予防できるって本当?パラミロンの秘密

ミドリムシで生活習慣病を予防できるって本当?パラミロンの秘密

ミドリムシって知ってますか?ムシ…むし…虫ですが、昆虫とはちょっと違うムシみたいですね。なんとなく小学生の頃に授業で習った記憶もありますが、詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。ミドリムシは動物であって動物でない、植物であって植物でない不思議な生き物なのです。

ちょっと注意して周りを見てみると、色々なところで見かけることが出来るミドリムシですがどうも凄い可能性を秘めているそうなのです。実はこのミドリムシが私達の健康にとって良い影響を与えてくれることが解明されてきています。

ミドリムシってどのような生物なのですか?

「未来は人口の増加で食料不足が起こる。その時に食料となるのはミドリムシだ。」とか「宇宙旅行の食料はミドリムシになる。」なんてSF的な話を聞いたことありませんか?このような話は昔から聞かれていた話です。ちょっと信じられない話ですが、現実にミドリムシの可能性が向上しているのも事実です。

ミドリムシとは一般的に何処にでもいる生物で、田んぼや用水路、使用していないプールなどにも生息しています。驚くことにミドリムシは昆布やワカメなどの海草類と同じ藻の仲間で、光合成を行うことで栄養を蓄えることができます。

しかし、動物としての性質も持っており、鞭毛運動により水中を移動することもできます。つまり、ミドリムシは植物と動物の両方の性質を持った生物であり、大変に珍しい生態と言えます。ミドリムシは光合成を行うことができるため、「二酸化炭素」「水」「太陽の光」によって成長することができます。

また光合成を行うことは「二酸化炭素」を取り込んで「酸素」を排出することになり、この作用についても優れた能力を持っています。また、ミドリムシは二酸化炭素濃度が高い、悪環境においても生存できる能力があるため浄化作用としても期待が持てます。

ミドリムシの栄養とはどのようなものですか?

ミドリムシが食用に適していると考えられたのは、ずいぶん昔のことらしいです。植物と動物の性質もったこの生物には、「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」「不飽和脂肪酸」などが含まれています。

特に植物に多い「ビタミンC」と動物に多い「DHA、ビタミンB1」が同時に含まれていることは驚きですね。またミドリムシはその栄養を吸収するのにとても都合が良く、植物特有の細胞壁が無いことも利点と言えるでしょう。

通常細胞壁で守られた細胞はそれを吸収するためには、特別な酵素が必要になります。ミドリムシには細胞壁はなく、消化しやすい細胞膜で作られているので吸収も効果的と言えるのです。このような点から考えてもミドリムシは優れた食品と言えるのです。

生活習慣病を予防してくれるパラミロンって一体何ですか?

ミドリムシの食品としての有効性で特別な意味を持つ成分があります。これが「パラミロン」と呼ばれる物質です。パラミロンはミドリムシが光合成で得られた栄養を貯蔵するためにあると考えられており、無数の穴が開いている形状をしています。

この穴に光合成で得られた糖を蓄積すると言うのです。人間では余った栄養は脂肪などで貯蔵しますが、ミドリムシはパラミロンと言うミクロの箱にしまうのですね。

パラミロンは無数の穴が開いた物質なので吸着力にも優れた性質を持っており、人間が摂取することで「コレステロール」や「脂肪」を吸着させて排出させる作用があると言うのです。

この作用により血中のコレステロールや中性脂肪の量が低下され、生活習慣病にも効果が期待できるのです。パラミロンは消化されにくく、ほとんど原形で排出されるため便通を改善させる働きもあります。

「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」などが、パラミロンで症状を緩和させることが可能であり、「心筋梗塞」「脳卒中」などの予防に繋がると言う訳です。

ミドリムシはどのようにして摂取したら良いのですか?

ミドリムシを池からすくって調理することは不可能ですよね。現在ミドリムシのパワーを摂取するには、サプリメントが現実的だと思います。最近ではサプリメント以外にもドリンクやお菓子に加工した商品もあるそうです。

しかし、毎日の服用を考えたらサプリメントが良いでしょう。ミドリムシのサプリメントは色々販売されているようなので、自分に合った商品を試してみるのも良いですね。

ミドリムシは食料以外にも「バイオ燃料」としても注目されています。ミドリムシで飛行機や車が動く時代がもうすぐなのかも知れません。「ミドリムシの燃料の入ったロケットでミドリムシを食べながら宇宙旅行」なんて時代が来ることを期待しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る