TOP > > 国が違えばこんなに違う?民間療法についての考え方と取り組み方

国が違えばこんなに違う?民間療法についての考え方と取り組み方

例えばあなたが風邪を引いたとき、どのように対処しますか?ここは人によって違いもありますが、早めに病院に行って薬を出してもらいそれを服用し、こじらせる前に治すという人もいるでしょう。

病院には行かずにドラッグストアに行き、市販の風邪薬を飲み対処するという人もいますね。中には薬を飲まず人にうつせば治るなんて本気で信じている人もいるようですが、風邪の治し方にもいろいろあるのは興味深い話です。

日本だけでもこんなに違いますが、海外に目を向けたとき、同じ風邪の対処法でも全く違ってくるのを知っていましたか?

アメリカでの対処法

今回は風邪を例にしていますが、海外には日本のような健康保険制度はありません。月々の保険料の支払いはありませんが、その分何か病気になったとき保険がないので、病院に行く場合は全て自費払いになります。

ここも国によって制度の違いはあるので、似たような制度はあっても日本のように風邪を引いたらすぐ病院に行くとは限りません。例えばアメリカの場合、風邪を引いたくらいでは滅多に病院には行きません。

日本のような健康保険制度がないので、風邪で病院に行くだけで何万円も取られることになるからです。その代わり日本では医師の処方箋がないと購入できないような医薬品が、コンビニやドラッグストアで誰でも簡単に購入できるようになっています。

私が以前海外旅行でアメリカに行ったとき、風邪を引いて寝込んでしまったことがありました。幸い現地に住んでいる友達がいたので、その友達がドラッグストアに行き、かなり強力な風邪薬のシロップを買ってきてくれたので、それを飲み2日ほど寝ていたら症状も改善され元気になったことがあります。

アメリカではこうするのが当たり前と聞き、驚いたことを覚えています。ただ日本とアメリカでは認可されている薬の成分なども違うので、おそらく日本では簡単に手に入らない成分や認められていない成分なども含まれていたようです。

元気になってからドラッグストアに行き確認すると、商品棚にスナックと同じように様々な薬が並んでいたので、さらに驚いたことがありました。ちなみに睡眠薬なども当たり前のように売られていましたね。

さらに各家庭にはほとんど医学書を置いているそうです。何か病気かな?と思ったときは、まず自分で症状などを調べ、治療法やどの薬を飲めばいいかを調べ、自分で買いに行って対処するようですね。

もちろん自分では手に負えないような場合は病院に行き詳しく検査しますが、それ以外は自分たちで対処するのが一般的だそうです。

ヨーロッパの民間療法

同じようにヨーロッパでも風邪に対する対処法も違いがあります。ヨーロッパでは昔からハーブや薬草を取り入れた民間療法が生活に根付いていますね。日本では見たことも聞いたこともないようなハーブがあるところは、まるで中国の漢方薬をイメージさせるほどです。

アジアが漢方薬なら、欧米はハーブといったところでしょうか。そういえば中国でも病院に行くよりも漢方薬を飲むのが一般的ですね。考え方はハーブも漢方も同じなのかもしれません。

ハーブは自然由来のものですし、元は薬草として薬の代わりに使われたものもあります。化学的に調合した化合物を使用しない分、体に負担をかけないのでかえって健康にはいいのかもしれませんね。

主に料理にハーブを使ったり、すりつぶして煎じたものを飲むという方法で風邪に対処しているようです。

民間療法は無理に症状を抑えようとしないところも特徴かもしれません。風邪で熱が出ているときは、体の中の免疫力や抵抗力が働き、風邪のウイルスと戦っているという証拠です。

日本ではこの時熱を下げようとして解熱作用のある薬を飲みますが、熱を下げてしまうことでウイルスを完全に退治しきれなければすぐぶり返すことになります。

ヨーロッパの民間療法は、あえて熱を下げず体を温めることで完全にウイルスを退治しようとします。体の自然な反応に逆らわず、ハーブでそれをサポートするのもある意味理にかなっているのかもしれません。

このように国が違うと同じ風邪の対処法も全く違ってきます。民間療法というとなんとなく信用できないイメージもありますが、体には良さそうな気もしてきます。可能な範囲で取り入れるのもいいかもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る