TOP > > 交感神経と副交感神経を味方にする健康法

交感神経と副交感神経を味方にする健康法

交感神経と副交感神経のバランスは取れている?

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に起こる体の不調です。それぞれが適度に働く生活を送ることが、健康を維持する上でとても大切です。

例えば、仕事の時にやる気スイッチを入れた時や、緊張した時に働くのが交感神経ですが、それが自宅に帰ってまで続き、さらには不眠になった場合などは副交感神経が働かず、交感神経が優位となりバランスを崩します。緊張やストレスにさらされると交感神経は優位になってしまうのです。

副交感神経を活発にするには?

1日の中で、休むべき時に副交感神経を活発にする方法を知っているといいと思います。自分なりのリラックス方を見つけましょう。

まず、眠りの時間を大切にしたいものです。アロマオイルを焚いたり、ハーブティなどを就寝前に飲むことも効果的でしょう。そして、不眠が続くようならば病院で受診し、睡眠導入剤などを処方してもらうことも、他の病気を併発しない為には大切だと思います。

朝食をゆっくり摂り、ゆっくり歯磨きをすることも、副交感神経を高める為にいいそうです。

また、今なおブームが衰えないヨガについても、血液の循環が良くなり副交感神経が活発になるということ。癒しの効果が高いヨガの種類もあるようなので、そういう種類を選ぶとよいでしょう。

40度くらいのぬるま湯で半身浴することも、副交感神経を高める為の簡単な方法です。

バランスを崩さない生き方とは

自律神経失調症になる人の多くは、自分が頑張りすぎて、交感神経が優位に立ち続けていることに気付いていないかもしれません。

ですから、本人がそれに気付いていない場合は、家族がその状況に早く気付いてあげることも重要です。温泉や美術館、コンサートを聴きに行くことなども副交感神経を優位にさせてくれます。連れ出してあげると良いでしょう。

交感神経と副交感神経のバランスが良い生活とは、規則正しい生活を送ることです。しっかりと睡眠をとる、3食しっかりゆっくり食べる、お風呂にゆっくりつかること。忙しい現代人には、なかなか難しいことですが、とても大事なことです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る