TOP > > 腹式呼吸VS胸式呼吸、どちらが体に良いのか比べてみました

腹式呼吸VS胸式呼吸、どちらが体に良いのか比べてみました

私たちは1日に約2万回も無意識のうちに呼吸をしています。酸素を取り入れ二酸化炭素を排出する生きて行くのに欠かせない呼吸です。私たちが無意識でしている呼吸の仕方を意識的に変えていくことで身体の不調改善やダイエット効果もあると言われています。

呼吸法にはお腹を出したり引っ込めたりする『腹式呼吸』と肋骨を動かす事で胸が上下する『胸式呼吸』があります。一般的には腹式呼吸の方が健康に良いイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?二つの呼吸法を色々な角度から比べてみました。

腹式呼吸法

へその下部分の「丹田」に意識を集め、息をゆっくりと口から吐きます。吸う時はゆっくりと鼻で息を吸いながらお腹を膨らませます。腹式呼吸は副交感神経を刺激し身体をリラックス状態にする呼吸法で、吐く息に重点が置かれます。

腹式呼吸の効果

ヨガや気功などに使われる腹式呼吸法は健康に良いイメージが定着しています。長くゆったりとした腹式呼吸をする事で、酸素をたっぷり取り込み、血流が良くなり血圧上昇を防ぎ、新陳代謝を活性化し細胞を元気にします。自律神経が安定し、リラックス状態になるのでイライラや不安を軽減します。

どんな時に役に立つ?

緊張を解きほぐす場面で効果を発揮します。例えば大切な試験の前にあがってしまい、頭が真っ白にならないように、体育祭での短距離走やスポーツ試合の前に緊張しすぎで普段の力が発揮できないときに、夜に興奮して寝付けないとき、長時間のパソコン疲労時の回復など、様々な生活シーンで役立つ腹式呼吸です。

胸式呼吸法

胸に意識を集め大きく胸郭を広げて鼻から息を吸います。この時お腹は引っ込み、自然に息を鼻から出す時もお腹は引っ込んでいます。吐く息だけでなく吸う息も大切で、息を吸う時は交感神経が刺激されます。

小学校のラジオ体操などで知られている両腕を振り上げての深呼吸が胸式呼吸法です。夏休みの早朝、深呼吸をして交感神経を刺激し、身体や頭を目覚めさせて健康な1日を始めるのですね。

胸式呼吸の効果

人気のエクササイズ『ビラティス』の呼吸法は胸式呼吸が中心に行われています。息を吸うときに交感神経が刺激され身体や脳を覚醒させ、深層部にある筋肉(インナーマッスル)を活性化させダイエット効果も期待できます。どちらかと言えば腹式呼吸より習得しやすい呼吸法と言えます。

生活シーンで使い分ける

2つの呼吸法は相反する効果があり、朝目覚めて、これから1日が始まろうとする身体と脳を活動的な状態にしたい時は胸式呼吸を、反対に就寝前や冷静になる必要がある時は腹式呼吸をすると言うように、毎日の生活場面で変えていくのが良い方法ではないでしょうか

現代人に増えている口呼吸

近年、鼻で息をしないで口を常時開けてする『口呼吸』の人が増えています。原因として幼児期の鼻づまり等で口呼吸が習慣化してしまったり、歯のかみ合わせが悪い場合等も考えられます。

口呼吸だと直接、喉に病原菌が付着しやすく病気にかかりやすくなる上、精神の不安定を招き、正しい判断能力を低下させると言われ、改善の必要があります。改善するには食物を良く噛んで顎の筋肉を鍛えたり、鼻詰まりなどの根本原因を解決するために専門医に相談するのも方法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る