TOP > > 子供の耳垢が溜まるとどうなる?耳掃除はどうすれば良い?

子供の耳垢が溜まるとどうなる?耳掃除はどうすれば良い?

耳垢(みみあか)は、耳の穴にある耳垢腺から分泌された分泌物と、はがれた皮膚やほこりが混ざって生じた垢のようなものです。

大人の耳掃除と違って小さい子供の耳掃除の場合、取れにくい耳垢があると子供が痛がってうまく取れないことがあります。子供の耳垢が取れない場合にはどのようにすれば良いのでしょう。

子供の耳掃除の仕方

大人の耳掃除をする場合には耳かきを使うことも多いのですが、子供の場合には耳かきではなく綿棒を使いましょう。

普段は、頻繁に耳掃除をしてあげる必要はありません。耳垢というのは自然に出口に向かって押し出されていくもので、無理矢理奥にある耳垢を取り除こうとする必要はありません。月1回程度で十分なのだそうです。

基本的には耳をのぞいて出口に見える耳垢を綿棒で取り除いてあげる程度で良いのです。もし奥をのぞいて大きな耳垢があったら取り除きたくなりますが、子供が痛がったり、嫌がって暴れる場合には無理に取り除こうとしてはいけません。

耳垢を溜め過ぎてしまって取れない場合

しばらく耳掃除をしなかった場合など、耳の中に大きな耳垢がこびりつくほど溜まってしまうこともあります。これを耳かきや綿棒で取り除こうとしていじり続けると耳の穴を傷めてしまうおそれもあります。子供も嫌がることでしょう。

このような時は迷わずに耳鼻科に行く事をおすすめします。耳鼻科に行けばピンセットで簡単に取り除いてくれます。

私も経験があるのですが、子供の耳掃除のたびに奥に取れない大きな耳垢が気になっていながら見過ごしていたらガチガチに固まってしまい慌てて耳鼻科に行ったのです。

私も子供も耳鼻科は初めてだったので最初は怖かったのですが、怖いどころかピンセットでつまんでスポンと抜いて1分程度で診察室から出ていきました。もっと早く耳鼻科に行けば良かった、医療用のピンセットはすごいなあ、と思ったものです。

耳の奥に押し込み注意

頻繁に耳掃除をやっていると外耳を傷つけてしまうほか、耳垢が奥の方に押し込まれてしまって、取れにくくなってしまう場合もあります。

あまり耳の奥に耳垢を押し込めてしまうと溜まった耳垢で耳の穴をふさいでしまう「耳垢塞栓(じこうせんそく)」を引き起こしてしまう可能性があります。プールや入浴などで耳に水が入り詰まった耳垢の体積が増して起こることもあります。

難聴や耳鳴りを伴うことがあるので、家庭できちんと耳掃除をしてもらっている子供でも耳が聞こえにくいような素振りがあれば耳鼻科を受診して治療を受けるようにしましょう。

耳鼻科では耳垢をふやかして柔らかくしてから取り除く治療が行われます。傷が生じている場合には軟膏を塗るなどの処方もとられます。

乾燥した耳垢の人は耳掃除は控えめに

耳垢の詰まりやすさは体質にもよります。耳垢が乾燥しているタイプは耳垢が詰まりにくく自然に出ていきやすいので頻繁に耳掃除をするのは控えましょう。

猫耳(耳垢が湿っているタイプ)は、乾燥した耳垢より詰まりやすいので適度に耳掃除を行い、詰まって取れなかったり耳に異常を感じた場合には耳鼻科を受診するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る