TOP > > 初秋は「心配性」で体調不良?季節の変わり目を過ごすコツ

初秋は「心配性」で体調不良?季節の変わり目を過ごすコツ

季節の変わり目は体調を崩しやすく、また理由も無く身体がだるかったり、疲れやすくなってしまう事が多い時期でもあります。これは気温や生活環境の変化がストレスとなり、活動的な時と非活動的な時を切り替える「自律神経」のはたらきを鈍らせてしまう為です。

また初秋、9月頃は台風が多く、気圧が低下しがちになります。動物と同様、人間も低気圧の中では活動が弱まるため体調不良を感じやすく、ひどい場合頭痛などの症状を起こす事があります。特に「心配性」の方は要注意。そうでない人と比べてストレスを感じやすい為、体調を崩しやすい傾向がある様です。

気温差のある日に注意!

暑い夏を過ごした身体は副交感神経が優位な状態になっており、急に寒い日が訪れると身体は寒さに適応しようとして交感神経を優位に働かせます。このシフトがうまくできない状態であったり、また何度も繰り返されてしまうと結果身体は疲弊してしまい、風邪を誘発する原因となります。

寒くなると、人間は落ち込みやすい心理状態になりがちです。心配性の方は特にその傾向が強く、ホルモンバランスの影響が大きい女性はそれが顕著に表れてしまいます。

環境が大きく変化しがちな春先に比べれば、寒さに備えて身体が準備を始める秋口はそれほど大きな影響が出る事は少ない様ですが、日が短くなるにつれて照射時間が減り、日光にあたる時間が減ると自律神経が乱れやすくなるので注意が必要です。

生活にリズムを作ろう

連休など、家に居る事が多い時にゴロゴロしすぎて居ませんか?必要以上に睡眠を取ると自律神経が乱れてしまい、休んで居る筈なのに逆に不調を感じる様になってしまうそうです。

また精神面ではリラックスできる空間を心がけ、不調を感じてもそれに翻弄されない事が重要です。誰にでも起こる事、時間が過ぎれば治るのだという気持ちを持つと、自然に安らいで気にならなくなる事もあります。

またストレス対策にビタミンCやカルシウムを意識的に摂取するのも効果的です。また親しい友人と出かけたり、会話をするだけでも症状が改善される場合が多いようです。

ただし季節性の鬱病など、本人が思って居るより深刻なケースもありますので、不調が長いなと感じたら迷わず心療内科を訪れましょう。いずれやってくる寒い冬に備えて、今から健康な身体づくりに励んでゆきたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る