TOP > > あなたのお子さんは大丈夫?朝起きられない子供に急増するODとは?

あなたのお子さんは大丈夫?朝起きられない子供に急増するODとは?

最近、子供が朝起きられないと心配される親御さんが多くなっています。初めは、単なる寝坊や夜更かしが原因だろうと考えるのですが、だんだんと、毎日のように起きられなくなり、同時に、頭痛や腹痛などの症状を訴えるようになると、学校で何かあったのか、いじめを受けているのではないか、と心配されるのです。

こうした朝起きられない子供は、OD(オーディー=起立性調整障害)という病気が原因かもしれません。(※OD=OrthostaticDysregulation の略ですがODで通じます)

子供が朝起きられなくなる病気「OD」(起立性調整障害)とは何か?

朝起きられない原因の1つに低血圧があります。低血圧は、何も大人だけの症状ではなく、思春期の子供にも起こります。思春期は、体の成長のスピードに自律神経の働きがついて行かずに起こる事が分かっています。

また、朝起きられない事とは別に、普段から、めまいや立ちくらみ、頭痛や動悸などの症状がないか確認してみましょう。もし、あてはまる症状を併発していれば、OD(起立性調整障害)という病気が疑われます。

ODは、体の成長のスピードと自律神経の働きのバランスが崩れることによって起こる諸症状のことです。朝、起きられないというのも、ODの1つかもしれません。しかし、ODは、放っておくと、ますます症状が重くなり、不登校やひきこもりなど重症化してしまう油断できない病気なのです。

ODに見られる主な症状とは?

先ほどのように、朝起きられないことがあげられます。ODのために自律神経が正常に活動せず、血圧が上がりにくくなっているため、起きられないのです。

これを、単に、ただの寝坊と考えることは、逆に、子供の心を傷つけてしまい、病気を理解されずに、自分ではどうしようもなくなり、それがさらに自律神経を乱してしまい、不登校や引きこもりといった状態を引き起こすと考えられています。

めまいや立ちくらみが起こるのは、血圧が低くて脳に必要な血液が送られないことが原因です。同時に頭痛が起こる場合もあります。また、動悸がするのは、血圧が低くて、心臓が多くの血液を送り出そうと心拍数が早くなったり、心臓が無理に収縮しようとするからです。

さらに、食欲不振が起こる場合もあります。低血圧で胃粘膜への血液量も減るために、食欲が湧かなくなるのです。こうした一連の症状があり、朝起きられないとすれば、ODが強く疑われます。

ODを克服するためにするべきこと

まず、ただ怠けているのではない、と子供の病気を理解してあげることです。ODは、血流が悪くなり、脳の機能も低下することが分かっています。これにより、意欲や集中力が低下し、勉強などについていけなくなり、イライラしたり、不安になりやすい精神の状態に陥ることもあります。

こうした時、親としても、怠けているだけなのだ、と考えがちですが、病気であることを理解してあげて、不安な気持ちを一緒に解決するという姿勢で子供に接することが重要です。

ODを予防するために、日常生活で気を付けること

まず、朝起きられない原因は、自律神経のうち交感神経が体を活動モードにする働きが鈍っているからです。決まった時間に起きられるように、体内時計を少しずつ調整して行きましょう。夜は、眠くなくても決まった時間に眠るようにし、朝もできるだけ起きるように工夫します。

布団から起き上がる時は、一気に起き上がろうとせず、まず、上半身を起こして30秒くらい、ベットであれば、足を下ろして30秒(布団では膝で立つように30秒にしましょう)、さらにゆっくりと、30秒くらいかけて立ち上がるようにすると血圧が急に下がることを防げます。

寝具から出ても、頭を少し低くして歩くようにしましょう。就寝前の入浴は、ぬるめのお湯に短時間入るようにすると良いです。熱い湯は交感神経を刺激するので寝つきが悪くなります。

また、最近、問題になっているのは、夜のTVゲームやスマホなどの画面を長時間見ていることです。これはVDT障害と言って、脳に強い刺激を与えてしまい、自律神経を乱すことにつながりますから、夜のゲームなどは控えましょう。

ODの子供は、どちらかと言うと、人に気を使うことを優先し、ストレスを溜め込むタイプの子供に多いことが分かっています。日頃からストレスを解消する趣味を見つけたり、人ごみや満員電車を避けるようにして、散歩などの軽い運動などを心掛けましょう。

食事は、規則正しい時間に、栄養を考えて。また、塩分を多少多めに摂る事で血圧が上がるように工夫するのもよい方法です。

最後に、思春期は心も体も変化する年頃ですが、昔と今とは生活環境もずいぶん違っています。昔からこうだ、と決めつけず、子供の心を理解して、現代の治療に合った対応をしてあげることも大切だと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る