TOP > > 自然植物の作用は「気のせい」なのか?副作用から読み解く自然の力

自然植物の作用は「気のせい」なのか?副作用から読み解く自然の力

自然植物の作用は本当に「気のせい」にすぎないのか?

日本では鎖国が終わるとともに西洋薬が広まり、今では家庭薬も含めほとんどの方が西洋薬を中心に使用するようになりました。元々日本には、中国から伝わった漢方を、日本に合うようアレンジされた””日本漢方””という薬がありました。

大昔は薬を全員が使えるわけではありませんでしたが、これが日本の薬とされていました。最近では西洋薬の副作用や飲み合わせ、利用しすぎによる効果減退など、マイナスの面が問題視され、日本漢方や西洋のハーブなど、自然植物が注目を浴びています。

しかし私たちの生活では西洋薬が主流な現状ですから、「漢方やハーブは効かない」「効いてもプラセボや気のせいにすぎないのではないか」とその効果を疑う方は多いのではないでしょうか?

確かにそれぞれ薬の特徴の一つとして、西洋薬は効き目が早く、多くの割合の人に明らかな効果を表す一方、漢方やハーブは効き目が緩く穏やかで、なかなか効かない人もいます。

特に漢方は処方するのが難しく、同じ薬効を示す薬でも体質や舌の様子、顔色、熱の帯び方など様々な観点から処方する薬が変わってきます。この診察時の判断が当たらないと、薬が効かないことも多々あります。

また、現状では漢方で治せる病気も限られていますから、やはり西洋薬の方が使いやすいことは事実です。とはいえ漢方やハーブが全く何の効果も表さないということはありません。それについては下記の項目でご紹介して行きます。

副作用が示す自然植物の不思議な力

自然植物には、現代でもまだ良く分かっていない不思議な力を呈する事があります。日本では漢方は効かない、副作用もないと思っている方が結構いるのですが、効能を実感する人はもとより、実は副作用が起こることもあるんですね。

多く起こる副作用は下痢や胃のむかつきなど、消化不良です。これは西洋薬でもよく起こる副作用ですね。また、酷い副作用になると間質性肺炎や薬剤性肝炎が起こったり、動悸・血圧上昇、呼吸困難、心臓発作などで死に至ることもあります。

これら副作用は大抵が処方すべきではない体質の人に処方していたり、飲む量を誤っていたり、飲み合わせの間違いなど、用法を間違うことで起こります。例えばアメリカは漢方にあまり親しみのない土地ですが、そこで一時期ダイエット薬として漢方の””麻黄””が流行りました。

麻黄はエフェドリン(咳止め薬)の原料で、不必要なときに飲んだり飲み過ぎると不整脈や激しい動悸が副作用として起きます。そのため麻黄について知らない方が多量に摂取したり等、用法を間違い死亡事故がいくつか発生しました。

また、現代では専門機関が栽培、加工した漢方・ハーブなどを使う人がほとんどですが、自然植物は加工をうまくしないと毒性が取り除けなかったり、体にマイナスな作用が起こることがあります。そのため、素人が自生した植物を採取して、自分で加工して飲んだ場合、誤った加工の仕方で体調が悪くなることもあるんですね。

自然由来の薬はただの植物、何も効果は与えない、と思われがちですが、副作用を見れば、特定の植物には人体になんらかの影響を与える不思議な力があることは確かです。時には良薬として、時には毒として、私たちの体に不思議な力を与えてくれます。

西洋薬には自然植物が入っていることもある

西洋薬というと、なんとなく化学物質で出来ていると思っていませんか?実は西洋薬は、化合物で作られた薬だけではないんです。化合物だけで作られていない薬の中には、漢方やハーブと同じで自然のものが入っています。

市販薬では、自然植物は胃腸薬に多く含まれています。メーカーの宣伝で「生薬配合」と売りにすることがありますが、この「生薬」とは漢方の原料で、自然由来のものです。

例えば胃薬の市販薬でとても有名な物に「キャベジン」があります。これにも生薬が使われています。もし見かけたときは是非一度、成分表を見てみてください。

キャベジンの成分表には「ソウジュツ」と書かれた物質がありますが、これは漢字で「蒼朮(ソウジュツ)」と書き、漢方の生薬の一種です。健胃作用を持ちます。

また、「センブリ末」という物質も書かれていますが、これも有名な生薬で、胃のむかつきなどを抑える効果があります。他には以前問題になったタミフルの中に、胃腸の荒れを防ぐため「八角」が使われていることも有名ですね。

八角は中華料理にもよく使われるスパイスです。意外かもしれませんが、自然植物は身近な薬にも様々な形で使われているんですよ。薬を見かけたら成分表を見て、植物が入っているか確かめてみるのも面白いかもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る