TOP > > 左右の歯で噛んでいますか?頭痛や肩こりにつながる偏咀嚼

左右の歯で噛んでいますか?頭痛や肩こりにつながる偏咀嚼

食べ物を噛むとき、自分が左右どちらの歯を使っているか意識したことはありますか?食事のときに片側ばかりで噛むことを偏咀嚼(へんそしゃく)といいます。左右両方の歯でバランスよく噛むことが理想的ですが、意外と一方ばかりを多く使っている人が多いのが実態のようです。

偏咀嚼の原因

片側だけで噛む最も多い原因は、『歯』に関わることが多いようです。虫歯、歯の治療中、入れ歯の調子が悪いなど、歯を使うことによって不快感があるから片側ばかりで噛むことになります。また、歯並びの悪さも原因と考えられていますし、ただ単に癖で噛んでしまうという人もいるようです。

歯の治療を後回しにしていると、片側だけで噛む癖がついてなおさら悪循環になります。

偏咀嚼が顎に及ぼす影響

偏咀嚼を継続しますと、まず顎に影響が出てきて、いつも噛んでいる方だけに筋肉がつくので左右の顎に差ができてしまい、顎がずれる原因になります。顎が歪むとますます歯並びも悪くなり、また顔の筋肉まで歪んでくることもあります。

偏咀嚼は、顎関節症(がくかんせつしょう)といって、食べ物を噛むときに、顎が「ガクガク」「ジャリジャリ」となって違和感があったり、口を開くときに顎が引っ掛かったりといった症状の原因にもなります。

顎関節症が酷くなると、噛んでいないときにも痛みが出たり、口も正常にあけられなくなってしまったりと日常生活に悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

頭痛や肩こりの原因にも

偏咀嚼は顎や顔だけへの影響だけでなく、体全体にまで悪影響は及びます。顎から繋がっている首や肩の筋肉までバランスを崩し、いつも噛んでいる側に傾いてしまいます。

人の身体は繋がっていますので、その歪みが全身にまでおよび、頭痛や肩こりだけでなく、めまいや耳鳴り、手足のしびれなどさまざまなところに影響が現れ、体全体の不調の原因に繋がります。

たかが噛癖と思われるかもしれないですが、噛んで顎を使うという行為は日常生活の中でかなりの時間を占めています。悪い習慣を続けることにより、少しずつ顎の筋肉量が変化し、気が付いたときは体にまで異変をきたしているということになります。

まずは自分の噛癖をしっかりと見極め、左右で偏りがあったらその原因を突き止めるところから始めましょう。原因が分かれば、取り除けばいいだけです。歯に原因があることが多いので、一度歯科で診てもらうことも大事です。

原因を取り除いたら、食事をするときは意識をして左右で噛んでみましょう。左で10回噛んだら今度は右で10回といったように習慣づけることによって、確実に治すことができます。

咀嚼は食事をする上での要です。「左右で均等にきちっと噛む」ことを意識して、健康な体を保つことに役立てましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る