TOP > > 女性が気にする歯の黄ばみは人気の健康食スムージーも原因となる

女性が気にする歯の黄ばみは人気の健康食スムージーも原因となる

笑顔を魅力的にするポイントは白い歯

素敵な笑顔をより一層、魅力的にするのは白い歯です。一時期、「芸能人は歯が命」というインパクトのあるテレビコマーシャルが流れ、その会社が宣伝する商品が大きく売上を伸ばしたことでも分かります。

また、多くの人が歯の黄ばみを気にしているという調査結果もあります。更に、白い歯は単に美容上の問題ではなく、ビジネスの場でも歯の汚れは良い印象を与えていないという調査結果もあります。

そして、約9割の人が自分の歯の白さに不満を持っているというデータもあるほど歯の白さはいろいろな意味で注目されています。

歯の黄ばみの原因は人気の健康食スムージーも原因の一つ

歯に黄ばみをもたらす原因はたくさんありますがその中の一つに、今、健康食として評判のスムージーがあることをご存知でしょうか?

スムージーの主な原料となる果物、特に柑橘系の果物にはクエン酸が含まれており、この酸が歯のエナメル質を溶かし、歯みがきをすることでより多く削り取られて、黄色の象牙質が歯の表面に透けて現れてきて黄ばみを生じさせます。

もちろん、果物だけでなく酸性の食品は同じように歯を黄色くさせる原因となります。野菜サラダにかけるドレッシング、ポン酢、スポーツ飲料、ワインなども同じく酸性です。

身体を健康にすることは大切なことので、スムージーをたくさん摂りながら黄ばみを防ぐ方法を知っておかねばなりません。

酸性食品から歯の黄ばみを予防する5つの方法

黄ばみの予防方法は、

1)食後、すぐに口をゆすぐ
2)歯磨きは研磨剤入りを避け、フッ素入りを使う
3)歯磨きは強く磨かない
4)食後すぐには磨かず30分程してから磨く
5)ストローを使って歯に付かないようにして飲む

など簡単な方法ばかりです。明日からでも実践することが歯の白さを守ります。

歯の黄ばみなど歯の白さを奪うその他の原因

大きく分けると歯の内側からの原因と外側からの原因があります。内側からの原因としては、クラミジアやマイコプラズマなどの細菌による病気に使用されるテトラサイクリン系抗生物質を服用すると象牙質に茶褐色の色素が沈着したり、歯全体が変色したりする可能性があります。

その他、ホルモン分泌の異常、栄養障害、虫歯治療での神経除去、加齢などが原因となることもあります。これらの原因による変色は歯磨きで白くすることはできません。歯医者でホワイトニングの施術をしてもらう必要があります。

外側からの原因として、色の濃い飲食物による着色があります。コーヒー、紅茶、カレー、チョコレート、ブルーベリーなどに着色です。これらの変色は歯磨きで落すことができます。

これらの飲食物を摂った後は、出来るだけ早く研磨剤入りの歯みがき粉で磨くことが効果的です。但し、食後すぐ、研磨剤入りの歯みがき粉による歯磨きは弊害もあるので常に行うのはお勧めできません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る