TOP > > おならを我慢したら口から臭い息が出て来る?怖い噂のウソホント

おならを我慢したら口から臭い息が出て来る?怖い噂のウソホント

出もの腫れもの所嫌わず…と昔から言われるほど、おならは突然やってくるもの。生理現象だから仕方ないとはいえ、外出先では「絶対に今はできない!」という状況がほとんどではないでしょうか。

そうなると多くの人が我慢してしまうようですが…ちょっと待って!おならは、我慢すればするほど、自分に悪い影響を与え始めるのです。我慢したおならは、体の中でいったいどういう状況になっているのでしょう?

「おならを我慢すると口が臭くなる」ってホント?!

一番怖い噂が「おならを我慢すると口から出る」というものです。あのニオイがまさか口から出るなんてオソロシイ!この噂は本当なのでしょうか?

これ……残念ですが、本当なのです。

おならは、我慢すると行き場をなくして腸を逆流してしまい、血管へと吸収されます。血液に混じったおなら成分は、なんと肝臓や腎臓まで到達し、最終的には皮膚や吐く息の中に混じって外へと排出され、口から出る際にニオイも一緒に出てしまうことが分かっています。

もしもあなたが口臭に悩んでいたら、胃の不調やトゥースケアを見直すと同時に、おならを我慢し過ぎていないかもチェックした方が良いかもしれません。

おならはどうして発生する?

そもそも、どうしておならが発生するのでしょうか。一番大きな原因は「口から飲み込んだ空気」と言われています。

次に大きな原因となるのは「便秘」。食べたものが何日もお腹に居座り続けると、腸内で発酵し、それがおならとなって外に出たがってしまうのです。

もしおならを減らしたいと思ったら、早食いの人ほど空気を飲み込む量が多いと言われているので、まずは食事をする時にゆっくりと噛んで食べるように心がけましょう。

そして、便秘の解消を心がけること。食物繊維の多い食べ物や、善玉菌を豊富に含んだヨーグルトを食べると、スムーズな消化を促してくれて、お通じが改善するのはよく知られていることです。

他にも、おヘソから時計回りに「の」の字を描くようにお腹をマッサージする方法や、軽いウォーキングやジョギングでお腹に振動を与えることでも改善がみとめられます。

おならのニオイを改善しよう

おならを我慢してしまう理由は、音が出ることももちろんですが、ニオイが広がる恐怖も大きいものです。

ニオイさえなければ、音が出ないようにそっと出してしまえば体の負担は軽くなるので、ニオイそのものを改善するのも、我慢を減らす良い方法と言えるでしょう。

おならのニオイは、食べているものでも大きく左右されますので、食生活を見直すことが大切です。

  • 消化に時間がかかるもの(特に肉)
  • ニオイの強い食べ物(ニンニクなど)

これらは悪玉菌を増やすことも分かっていますので、例えば肉と魚を交互に食べるよう食事内容に変化をつけてみたり、りんごやキウイなどの酵素を多く含むフルーツを取り入れたりすると、腸にかかる消化の負担が減り、ニオイの軽減にも繋がります。

ただ、おならだけでなく軟便が続いているような場合には、何らかの病気のシグナルである可能性もありますから、心配なら病院に相談しましょう。

おならは、回数やニオイで健康状態がチェックできるとも言われています。ただ嫌って我慢しつづけるのではなく、健康のバロメーターとして前向きに受け止めて、腸内環境の改善を目指したいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る