TOP > > 男性ホルモンが少ない男性が急増中!その健康障害リスクは?

男性ホルモンが少ない男性が急増中!その健康障害リスクは?

男性のみなさん、男性ホルモン値を上げて健康になりましょう。

最近の日本人男性において男性ホルモン、テストステロンが少ない人が増えてきているそうです。このホルモンは男性ホルモンと呼ばれていますが男性だけにあるわけではありません。女性にもあるホルモンで男性にとっても女性にとっても大事なホルモンです。

最近の研究でテストステロンを摂取した人達はボランティアや社会貢献をするようになったそうです。テストステロンは社会に出たときにどのような行動をとるのかといったことにも関係しているみたいです。行動的な人はやはりテストステロンが高いそうです。

これは女性にも当てはまり、最近の女性ではテストステロン数値が高い女性が多いそうです。職業でもテストステロンが高い人が就く職業は芸術家や音楽家、画家などクリエイティブ関係が多いそうです。自己を表現したいという欲求がそのような職業に導くそうです。

逆に教師、医師、牧師のような職業の方々はテストステロン数値が低いそうです。これはある規律やルールに従って大勢の人達を1か所に集めてケアする仕事です。この様な職業に就いている方々が上述した3つの職業にあてはまるそうです。

このホルモンとの健康との関係ですが40代を超えた男性はテストステロン数値が下降気味になるそうです。そうなると男性更年期障害、メタボ、生活習慣病リスクが高まるのだそうです。

これは本当に気をつけなければならないですね。しかし生活習慣病リスクの原因はタバコや、お酒、運動不足も確かにあります。男性ホルモンが下がってきているからという言い訳はやめて、改めたい生活習慣はきちんと改めてくださいね。

それではテストステロンを高めるにはどうすればいいのでしょうか。

テストステロンを高めるため気をつけてもらいたいことを書き出してみます。

1.交感神経を和らげ、副交感神経を活性化する。

人間には交感神経と副交感神経があります。交感神経は朝に高くなります。朝にすっきり目覚めるのもこの神経の働きのお陰です。お仕事を日中、緊張感をもってできるのもこの神経が高ぶっているからです。この神経が高ぶっているといつまでも身体は休むことができません。

逆に副交感神経は夕方から夜に働き出します。そのお陰で夜は眠くなり、気持ちもゆったりとした気持ちになってきます。リラックスできるのです。

このメリハリをつけた生活をすることが一番望ましいのだそうですが、テストステロン値を上げるためにはリラックスすることが大事だそうです。

寝る前にパソコンを見たり、メールを見るのはやめたほうがいいそうです。部屋の電気も明るすぎず暗めのほうが良いそうです。そしてよく眠ることだそうです。質の良い睡眠をとって下さい。

2.食事を大切にする。

これはメタボや生活習慣病を考えて食事するということです。

3.短時間エクササイズする。

少しの時間でも良いので軽い運動をして下さい。

4.仲間を大切にする。

気のおけない仲間同士でワイワイ集まって話をしたり食事したり楽しむことは良いそうです。

5.無理してお洒落する。

気持ちが更年期障害のせいで「うつ」のようになるのを防ぐために気持ちを明るくするようにして下さい。そのためにはお洒落をすると気持ちも変わってくるそうです。

6.凝り性になる。

なんでもいいので趣味のように持って凝り性になることは精神的にも良いそうです。

7.大声で笑う。

大声で笑うと精神的に開放感がもてます。

8.目標を持つ、冒険する、ワクワクする。

凝り性とも重なるようですがとにかく自分がワクワクすることをして下さい。そうすると認知症予防にもなるそうです。

どうでしょう?あなたの今の生活はこれらに当てはまっていますか?もし改善点があれば改善してみてください。健康にもなれますし、日々を楽しく生活できますよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る