TOP > > がん治療だけじゃない?代替療法を日常生活に取り入れる魅力

がん治療だけじゃない?代替療法を日常生活に取り入れる魅力

代替医療というと例えばガン患者がかかりつけの病院で行う治療の他に、取り入れる治療法として知られています。一般的なイメージとしてはメインの治療法では出来ない、サポート的な治療を行うものです。

西洋医学と東洋医学の違い

大まかに分類すると病院で行う薬を使った治療や、手術で悪い部分を切除する方法が西洋医学であるなら、自然を尊重した治療法が東洋医学と言えます。代替医療は主に東洋医学に分類されます。代替医療という言い方もありますが、民間療法と呼ばれることもあります。

最も有名なものとしては、漢方や鍼灸ですね。最近になって注目されているアロマセラピーなどもあります。医学的科学的根拠というところでは、はっきりと解明されていない部分も否めませんが、例えば香りで精神を落ち着けることでストレスを解消しリラックスさせる作用などもあります。

西洋医学は医学的または科学的根拠に基づき、治療を行うので病気の治療という点ではとても優れていますが、精神的な部分まではケアしきれないところもあります。代替医療は西洋医学ではケアしきれないところをサポートする役目もあります。

病気以外でも代替医療を取り入れることができる

一般的なイメージとして、ガン患者が取り入れるのが代替医療となっていますが、代替医療はとても幅広い分野なので、病気予防や病院に行くほどでもない軽度の場合は代替医療で対応することも可能です。

例えば頭痛がするときにすぐに鎮痛剤を飲む人もいますが、中にはあまり薬に頼りたくないという人もいますね。この場合はラベンダーのアロマオイルをコメカミに少量塗って、軽くマッサージすると頭痛が和らぐことがあります。

これも立派な代替医療ですね。ラベンダーの香りには精神を落ち着かせリラックスさせる作用があるので、薬に頼らずに頭痛を解消することも可能です。好きな香りを嗅ぐことでもリラックス効果が期待できるので、自分の好きな香りのオイルをブレンドしてもいいですね。

アロマオイルの原料となるのは、ハーブです。ハーブは自然の草花ですので人工的に作られたものではありません。自然の草花から抽出したオイルを使うので副作用などもなく、ハーブが持つ効能が体に優しく作用します。

病は気からは伊達じゃない

病は気からということわざがありますが、これもあながち全く否定できない部分もあります。なぜなら代替医療にはヒーリングなども含まれているからです。

ヒーリングというと宗教的な部分もありますが、信じるものは救われるという言葉もあるように、本気で信じることがある種の希望や安心につながるので、症状が和らぐこともあります。これは科学的根拠のないことですが、実際に症状が改善されたというケースもあります。おまじないもこれに含まれます。

少し話が極端になってしまいましたが、日常生活にも代替医療を取り入れることで薬に頼らず健康維持が可能になるという考え方もあると言うことです。もちろん何か体に異常があった場合は、すぐに病院に行くことも大切です。

また、毎日の生活にハーブや漢方を取り入れることで体質改善も可能です。これも病気予防の一つの方法ですね。例えば女性に多い冷え症も、ハーブや漢方を取り入れることで薬を飲まずに冷え性を克服することだって不可能ではありません。

人には自然治癒力という機能が備わっているので、それを導き出すのは決して悪いことではありません。もちろん限界はありますが、自然の力を信じそれを実践することで健やかな毎日を送ることができればこんなに幸せなことはありませんね。

手当(てあて)という意味

何かの怪我や病気になったとき、手当をするという言葉を使いますね。これは人の手を当てるというところから来ていると聞いたことがあります。

例えばどこかが痛い場合、誰かに手でさすってもらうとか自分で痛いところをさするだけでも、少し痛みが和らぐような気がします。両手をこすり合わせ摩擦効果で暖かくなった手を肩こりがひどい肩に当てるだけでもちょっと楽になる気がします。

つまりこれも手当であり、代替医療にもなるのです。やせ我慢はよくありませんが、自然の治癒力を最大限に引き出す代替医療を日常生活に取り入れることで、体に負担をかけず健康になることも可能なのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る