TOP > > 1日1L以上も?「唾液」の驚きの働きと分泌を促すために

1日1L以上も?「唾液」の驚きの働きと分泌を促すために

「唾液」の量を、意識したことはありますか?通常、人の「唾液」は、一日1Lから1.5Lほどの量が分泌されていると言われています。えっ?と思うほどの量ですよね。これだけ分泌されているのですから、「唾液」にはとても大切な役割があると思われます。

「唾液」の役割

消化を助ける役割があるのは、有名ですね。虫歯などの予防は勿論、言葉を発声する際の手助け、飲み込みの手助け、抗菌作用で身体を守るなど大切な役割を持っています。

「唾液」は、歯へのカルシウムの補給にも役立っています。歯の再石灰化作用もあるため、「唾液」の量が少ない人は、虫歯になりやすいとも言われています。味覚を感じる事が出来るのも、「唾液」のおかげだといえます。

このように、大切な「唾液」なのですが、分泌が減少してしまう事もあり、自分の「唾液」の量を日頃から、意識しておく事が大切になってきます。

分泌の減少理由

最近、若い女性に増えつつある「ドライマウス」という症状ですが、医学的に正式な疾患とは確定されていない症状だそうです。そのため、正確な診断を受ける事が難しく、何件もの病院を回る人がいるのが現実だそうです。

これは「唾液」の分泌量の減少により起きるのですが、その減少原因を確定する事はなかなか難しく、対処療法が治療の中心になるようです。大抵の場合は、ストレスとの診断が出るようです。

口の中が乾くため、ヒリヒリする感じや、口臭がきつくなったり、舌がもつれる為に、会話を続けるのが辛くなったりと日常生活にかなり影響が出てきてしまいます。

更年期障害の症状として起きてくる場合や自己免疫疾患として起きてくる場合もあり、たかが「唾液」と思ってしまうことは危険なことだと思われます。

「唾液」の分泌を促すために

水分を取る事は、非常に重要です。常に口の中を潤す事が、分泌を促すポイントだといえます。食べ物を噛む回数を、意識して増やしてださい。

ガムを噛むのもいいかもしれません。酸味を感じる食べ物をオススメします。なかでも梅干は、代表的な食品といえます。昆布は、分泌を促す成分を含んでいますので、大変オススメです。

舌の運動も大切です。口の外に出す方がいいのですが、できない場合もありますので、口を閉じた状態でも大丈夫です。口の中で、くるくると回してください。

舌が出せるのであれば、出し入れも効果的です。もし、口の中が粘付く・口臭がキツくなった という様な自覚症状が現れたなら、「唾液」の量を意識してみてください。たかが「唾液」だと思いがちですが、本当に大切な役割を持っていますので、意識してくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る