TOP > > 病気にならない手洗いの方法 これであなたも手洗い名人

病気にならない手洗いの方法 これであなたも手洗い名人

私たちの身の回りには肉眼では見えませんが様々な菌やウイルスが存在しています。それらが原因となる感染性疾患の予防の大原則は正しい手洗いです。

日頃から正しい手洗いの知識と方法を身に付けておくことは、それらの感染症から身を守ることに繋がります。手洗いの重要性と正しい手洗い方法に付いて考えてみましょう。

手洗いの必要性とは?

医療ドラマの手術前のシ-ンで手術着に着替えた医師がブラシのようなもので手をゴシゴシ洗っている場面を見たことのある方も多いと思います。これは患者の体内に細菌やウィルスなどの微生物の新入を防ぐためです。

風邪やインフルエンザ、食中毒、手足口病などの感染症の感染経路の大多数は手を介した感染です。最もポピュラ-なインフルエンザを例にとってみます。インフルエンザが流行すると私たちが生活している環境には、ドアのノブや階段の手すりなど様々な所にウィルスが付着しています。

そして、インフルエンザのウィルスは付着しても2-8時間は生き続けています。そう言った場所に触れることにより手にウィルスが付着します。しかし手にウィルスが付着したからと言って肉眼では見えません。つまり私たちは気付かないのです。

そしてこのウィルスが付着した手で目や鼻などをさわることによってウィルスは体内に入り込み、体内で増殖を始めるのです。大切なことはウィルスや細菌を体内に入れないこと。すなわち、手に付着したウィルスや細菌をきれいに落とす手洗いが大切なのです。

手洗いの習慣を身に付けよう

ただ単に「めんどくさい!」と言う理由や「冬は水が冷たいから」と言った理由で手洗いを嫌がる人がいます。また「手洗いはキチンとしているよ!」と言う人の中にも水でてを濡らしているだけの人も見受けられます。

これでは、細菌やウィルスに体内に入っておいでと言っているのと同じことで自ら病気になるリスクを高めていることになります。あまり神経質になる必要はありませんが正しい手洗いの方法を知って、それを習慣にすることは健康を守る上で大きなメリットとなります。

正しい手洗いのコツ

当然の事ですが、石鹸を使って手洗いをすることです。しかし石鹸自体には細菌やウィルスを殺す消毒効果があるわけではありません。石鹸は手などに付いた細菌やウィルスをはがして分散させる働きがあります。このはがれた細菌やウィルスを水で流してやるのです。その為に手洗いは石鹸を使って水道の流水を用いて行います。

正しい手洗いの順序

①まず、水道の流水で手を濡らします。
できれば肘から下。冬場で長袖を着ている場合などは腕まくりをして手首程度までをしっかりと濡らし、水道水で洗い流します。
②石鹸を手に取り両手の手のひらでしっかりと泡立てます。
③泡立った石鹸を手首、手の平、手の甲に広げます。
④左右の手の平どおしをよく擦ります。
⑤手の平で反対の手の甲をもみ洗います。左右それぞれ5回程度。
⑥両手の指を組んで指の間を擦ります。左右それぞれ5回程度。
⑦片方の手の平で反対の手の指を一本ずつ包み込んでひねり洗いします。
⑧手の平に爪を立てるようにしてつめの間を指一本ずつ擦って洗います。
⑨手首を反対の手の平で包み込むようにして洗います。
⑩水道の流水でしっかりと洗い流しすすぎます。
⑪ペーパ-タオル、もしくは乾いた清潔なタオルでしっかりとふき取ります。

ここまで丁寧に手洗いをしてもかかる時間はおよそ30秒ほどです。指の間や指先に洗い残し部位が多いので注意が必要です。また手を拭くタオルも使い捨てのペ-パ-タオルが理想的ですが、布のタオルを使う場合にはちょっとした注意が必要です。

それはこまめに洗濯して取り換える事です。タオルが湿ったままだとタオルの表面で細菌が増殖してしまい、せっかく丁寧にキレイに手洗いしても細菌を手に付けてしまうことになるからです。

最後の仕上げに

きれいに手を洗った最後の仕上げに。近年、速乾性手指消毒剤が一般的になり家庭用の商品も多数発売されています。これはアルコ-ルを使ったもので、手や指に擦りこんで手洗いと同様の効果を得るものです。成分がアルコ-ルですのでウィルスや細菌に対する消毒効果を持っています。

また、すぐに乾き水を必要としません。外出先などで水道が使えない状況で便利です。上手な手洗いにプラスして速乾性手指消毒剤を使うのも非常に効果的です。このようにちょっとした手洗いのコツを知って、それを習慣にすることで細菌やウィルスが原因の感染症を未然に防ぐことが出来ます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る