TOP > > 授乳中のママ必見!おっぱいに効く健康食と生活習慣

授乳中のママ必見!おっぱいに効く健康食と生活習慣

最初の授乳はトラブル多し!

新しい命が誕生して感動したのもつかの間・・・ママ達はすぐに授乳という大きな仕事が始まります。産まれてすぐの赤ちゃんは、上手に乳首が吸えないこともあります。ママのオッパイが出ないと泣きやまないこともあり、すぐに睡眠不足になることもあります。

そして生後3、4日目になると、ママのオッパイは張るようになりますが、オッパイが出る道が開通されていない為に痛みが出てきたり、極端な場合は早くも乳腺炎になることもあります。この時期にしっかりマッサージして、オッパイを赤ちゃんによく吸ってもらうことが大切です。

授乳に悪いとされる食事

産婦人科では、授乳中に避けるべき食べ物としていくつか注意を受けます。

洋菓子、特に生クリームは詰まりやすいので控えた方がいいようです。チョコレートなど、糖分の多いものは基本的にお勧めされません。牛乳やチーズなど乳製品の摂りすぎも、詰まる原因になるということ。どうしても甘いものを食べたいなら、和菓子に限ります!

昔の人がよしとしていたおもちは、今の助産師さんはお勧めしません。詰まる原因になるようです。

授乳に良い食事とは?

私がお世話になったところの助産師さんは、納豆が良いと言っていました。また、「子供の分まで」と言って豪華なものを食べるのではなく、質素な和食が一番!とも言っていました。

自分なりにも調べてみたところ、根菜がいいということでしたので、私はごぼう、ニンジン、レンコンなどを多く摂るようにしました。

オッパイは血液でできます。油の摂りすぎを避けてたんぱく質を多く摂ろうと、大豆を大量に購入しました。カレーのお肉は控えめにして、その分大豆を入れたり、ひき肉とおからを半々でハンバーグを作ったりと、工夫しています。

ノーブラがいい!?

助産師さんは、とにかく赤ちゃんが飲めば飲むほどオッパイは作られるので、頻回に授乳するようにと言っていました。

「家にいる時はノーブラでいてください。揺れることも刺激になって、良く出るようになります」と言っていましたが、さすがにこれは実践していません。飲ませる前の簡単なマッサージはずっと継続しています。

飲み物が大事

授乳の前は、温かい飲み物を必ず飲むようにしています。そうすると、オッパイの出がいいようです。

ごぼう茶を妊娠中から飲んでいましたが、ノンカフェインで授乳中もいいということだったので飲みました。便秘しがちな授乳中も、便秘することなく過ごせます。また、ごぼうは根菜なので、オッパイの出もよくなります。

あふれ出るオッパイ

簡単なことのようですが、規則正しい生活を続けることは難しいですよね。しかし、我慢して続けていれば習慣になります。

助産師さんからアドバイスを受けたことを今回真面目にやったからでしょうか。とてもよく出ているようで、1か月健診時、平均1日30gずつ増えるところ、2倍以上の64gずつ増えていました。

良く寝てご機嫌な赤ちゃんです。良く出るオッパイは、子育てを楽にする無敵のアイテムです。みなさん頑張りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る