TOP > > 体内時計にも影響?!疲れ眼だけじゃなかった、ブルーライトのリスク

体内時計にも影響?!疲れ眼だけじゃなかった、ブルーライトのリスク

よくCMなどで耳にするブルーライトですが、これは380~495nmの紫外線に近い波長を持った光です。パソコン、スマホのLEDディスプレイからの光のほかにもLED照明、液晶テレビからも出ています。

最近、このブルーライトが人体に良くないのではないかという研究がされるようになってきました。これらの光で目が疲れるというイメージは多くの方が持っていると思いますが、実はそれ以上に悪影響があるかもしれないことがわかってきたのです。

眼自体へのダメージ

人がモノを見るとき、瞳から入った光はまず角膜を通過して水晶体で屈折し、網膜で像が結ばれ視神経を通って脳へ達することで始めて映像となります。網膜には黄斑と呼ばれる部分があり、ここは見るための機能に一番重要な部分です。

この黄斑に異常が起こり、見るための機能が低下してしまうのが加齢黄斑変性という眼の病気です。視野の中央がよく見えなかったり、ゆがんだり暗く見えたりします。そして視力が低下していきます。

失明してしまうこともあります。マウスを使った研究の結果、ブルーライトを長時間浴びていると加齢黄斑変性になる可能性が否定できないことがわかってきたのです。

ブルーライトは紫外線に近い、波長が短くエネルギーが高い光です。その上紫外線とは違い、網膜まで到達することができます。そして網膜を傷つけ、黄斑にダメージを与え変性させてしまうのです。(紫外線はエネルギーは高いものの、ほとんど水晶体などで吸収されてしまうため網膜にまで達することはありません。)

またブルーライトのような短い波長の光は焦点のズレが生じやすくなります。モノがちらついたり眩しく感じるため、瞳孔を縮めようとしたりピントを合わせようと脳が働きます。その結果、眼の疲れや頭痛が出やすくなります。肩こりやだるさが出ることもあります。

体内時計への影響

実はブルーライトは太陽光にも含まれていて、人にとって大切な光でもあります。人は朝、日が昇ってブルーライトを浴びることで体内時計をリセットさせ、覚醒して行動を始めます。そして夜、日が沈んでブルーライトが消えると体内のメラトニンが増えて眠くなり、睡眠へと導かれていくのです。

この体内時計をサーカディアンリズムと言います。朝はブルーライトを浴び、夜はブルーライトが消えることで私たちはサーカディアンリズムを整えているのですが、これが乱れるとメラトニン生成ができなくなります。朝のブルーライトは良いのですが、これを夜にも浴びてしまうと体はまだ昼間だと勘違いしてしまうのです。

最近、ブルーライトの波長部分に吸収ピークを持つ、「第三の視細胞」とも言えるものが発見されました。この第三の視細胞がサーカディアンリズムをコントロールしていることがわかってきたのです。

現時点でわかっていることは夜にもブルーライトを浴びることでメラトニンの生成が抑えられ、サーカディアンリズムが狂っていくこと。そして、ブルーライトに影響を受けるであろう第三の視細胞が存在して、これはサーカディアンリズムをコントロールしていることです。

サーカディアンリズムが狂ってしまうと体温、血圧、ホルモンが乱れて睡眠障害、うつ、肥満、ガンになりやすくなるとされます。

今の段階ではブルーライトが原因でそうなるかどうかまではわかっていませんが、ただ、サーカディアンリズムが乱れていっているということは、いずれそのようなことが起こる恐れもあるのではないかと思われます。

とはいえ、ブルーライトのリスクは人体に大きな影響はないとする説もあります。どちらが正しいかは、現在はまだ答えが出ていません。白色LEDが誕生したのは1996年。

その後、一般的に普及してからはまだ10年くらいで、人類にとって役に立つ新しい光であることも確かです。人体への良い影響も悪い影響もこれから徐々に明らかになっていくでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る