TOP > > これからの暑い季節に注意しなければいけない重大な病気

これからの暑い季節に注意しなければいけない重大な病気

夏には多くのリスクが潜んでいる

夏になると、非常に日差しが強く気温も湿度も高くなります。それによってアクティブに活動できるようになったり、活動量が増えたり、キャンプに海にレジャーにと、ひじょうに活発な活動の機会も増えていくでしょう。しかし、一方で、夏の環境は大きな病気や小さな病気の原因にもなります。夏バテや夏風邪などもその立派な例です。

夏は、外での健康的な活動の幅が広がる良い季節ですが、こうした病気のリスクもじゅうぶんに考えて無理のない健康的な活動をしていかなくては身体を壊してしまうことになります。では、具体的に夏に注意しなくてはいけない事はどれくらいあるのか例を出して解説していきましょう。

急激な環境変化による自律神経失調症

夏場は日差しが強いですから自律神経が整いやすくなります。しかし、現代人の生活環境ではこの強すぎる日差しや気温が逆効果となって返って自律神経を乱してしまう可能性がかなり高いのです。

自律神経とは、身体を内部から機能させるために大切な無意識のうちに働いている神経系統です。たとえば、食べたものを消化したり、体温調節をするのもこの自律神経の大きな役目です。

夏場は非常に暑いですから、家でも公共の機関でも非常に強く冷房を効かせています。これによって、室内では非常に寒いため、体温の低下を防ぐために自律神経が活動します。

しかし、一歩外へ出ると蒸し暑く、強い日差しで気温が高いですから、自律神経は室内とは逆の対策をとらなくてはいけません。このように、過剰な冷房によって室内と室外の温度差が激しい事によって身体が対応しきれなくなり、自律神経が大きく乱れる事になるのです。

自律神経が乱れると夏風邪や夏バテなどの症状をはじめとして、不眠症やストレスが溜まりやすくなったり疲れやすくなる。身体が常にだるいなどの弊害を招く事になってしまいます。

紫外線による皮膚病や皮膚がん

夏場の強い日差しによって、他の季節以上に多くの紫外線に直面している事は言うまでもありません。夏場になると健康的に日焼けしようと、わざわざ何の対策もなしに紫外線の下に身を置く事が多いですが、皮膚がんをはじめとする皮膚病の大きな原因になります。

紫外線は、皮膚の表面を貫通して内部にまで到達する事によって、細胞や遺伝情報を傷つけます。さらに内側から水分が奪われていく事になり、肌が非常に乾燥し紫外線や外部のダメージから身を守るバリア機能がじゅうぶんに働かなくなってしまいます。

紫外線を浴びる事によって、体内では有害な物質である活性酸素が活発に作られます。この活性酸素は、本来体内に侵入した外敵から身を守る殺菌効果のあるものですが、増えすぎる事によって自分自身を傷つけてしまいます。

活性酸素によって皮膚や細胞が傷つけられるとがんの大きな原因となるだけでなく、老化の大きな原因となります。

私たちが、老け込んで醜くなっていく原因は、紫外線のダメージによってシミやシワができたり、体内で作られた活性酸素によって細胞や遺伝子が攻撃される事にあります。日焼けのし過ぎは老化を早めますから注意が必要です。

低血圧・低体温症のリスク

夏場に注意しなくてはならないのはまだまだあります。夏場に低血圧や低体温を抱える人が年々増えてきているのです。夏はこれだけ気温が高いのに低体温になるという事がなかなかピンと来ませんが、実は、外気に惑わされて身体を過剰に冷やしすぎる事によって体温は着実に下がっているのです。

基礎体温が下がると、動物は活動能力が低下します。それだけでなく免疫力も低下してしまいます。こうした事によって夏バテや夏風邪の原因となりますし、夏場は暑いですから風邪をひいてもなかなか体温を上げようという考えに至らず、結果的に風邪が長引いてしまうのです。

低体温になる事によって血流も悪くなりますし、先ほど説明した激しい温度変化とあわせて自律神経が乱れる事によって血圧の調整がうまくいかなくなり、低血圧になってしまう人も多いです。

夏場に、なんだか身体がダルくて重いという事はよくあるかと思いますが、それを夏の暑さのせいにするのは間違っています。基礎体温と血圧、自律神経の関係を正しましょう。

夏バテや夏風邪も重要なサイン

夏バテや夏風邪と言った、夏にかかる代表的な病気は、上記のような自律神経の乱れや低体温、低血圧などによって引き起こされます。そのため、夏バテしたなと感じたら、それを放っておくと、大変な事になるかもしれません。

確実に自律神経系や基礎体温が乱れているサインなので、夏バテや夏風邪をひいてしまったならしっかりとした生活習慣を身につけていくよう改善していく必要があります。

夏バテや、夏風邪などは食生活の乱れによって栄養が不十分でもおこります。栄養不足によって免疫力は大きく低下しますから、ビタミンやミネラルなどをしっかりと摂った生活を心掛けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る