TOP > > 暑いのに汗が出ない!汗をかくのが苦手な人の上手なトレーニング法

暑いのに汗が出ない!汗をかくのが苦手な人の上手なトレーニング法

まだまだ暑い日が続いていますね。ちょと隣の人を見てみたら、汗がドーッと出ているではないですか。しかし、その隣の人は特に汗をかいているようには見えませんが、この2人に何の違いがあるのでしょうか?

汗かきの人は皆さん「夏は嫌いだ」って言いますけど、汗かきの人は夏に適した身体ではないのでしょうか?「青春の汗」「運動部の汗」「電車の中の汗」「おじさんの汗」どれも臭そうで汚いイメージがありますね。でもちょっと待って下さい。本当は汗は人間が生きていく上で、とても重要な役割があるのです。

汗は嫌われ者ではない!人間の健康を維持する重要な役目があるのです

人間の身体を維持するためには、外気温の変化に関わらず一定の体温を維持する事が必要になります。たとえ外気温が40℃になっても、体温は36.5℃程度に保たなくてはいけないのです。

この体温を調節するための作用として汗は重要であり、汗をかくことで放射熱により身体を冷却するのです。もし、汗をかくことが出来なくなると、身体の中に熱がこもり熱中症にかかってしまうでしょう。

汗の制御は自律神経が行っており、自分の意思ではかくことはできません。汗を人より多くかく症状ではこの自律神経に問題があるケースが多く、原因としては交感神経と副交感神経の切り替えに問題があるようです。

つまり、汗とは身体を冷やすための「打ち水」みたいなものであり、そのコントロールは無意識下で自律神経が行っているのです。

最近の若い世代に急増している「上手に汗をかけない人種」

世のおじさん達は「ヒーヒー」言って汗を拭き拭き町を歩いているのですが、若い女性の中には汗を全くかいておらずサーッと歩いていることがあります。これは一体どのようなことなのでしょうか?

実は一部の人の中で「上手に汗をかけない人種」が増加しているようなのです。先ほども紹介したとおり、汗は体温を調節するためにとても重要な代謝作用です。これがまともに働かないと真夏の熱中症にかかりやすく、体力も低下するでしょう。

このように重要な機能が働かないことは、健康面においても大きな影響があるのです。「汗は汚いから」「服が汚れる」などの理由で、汗をかかない努力をする人もいるそうですが、これこそ健康を破壊する行為にしかなりません。

汗の少ない人に見られる「疲労」「睡眠障害」「食欲不振」「めまい」などは熱による症状であり、汗をかくことで改善が見られる可能性が高いと思います。

上手に汗をかけない理由と改善するためのトレーニング法

汗が出ない理由はいくつかありそうでが、自律神経の異常か汗腺のトラブルなどが要因だと思います。

・慢性的な低温環境(クーラー環境など)での生活により、自律神経が汗をかく行為をコントロールできなくなっている可能性があります。

・制汗剤を日常的に使用している人が多いそうです。これにより汗を作り出す汗腺がダメージを受け、発汗能力が低下してしまいます。

・子供のころの環境で汗腺が未発達の人がいます。汗腺は幼少期に発達しますが、その時期に空調環境の良さから汗をかかず、汗腺が未発達のままになっています。

・水分の摂取が少ない人も汗をかき辛い体質です。最近では夏に汗をかきたくない理由で、水分を控える人も多いそうです。この行為はとても危険ですので止めましょう。

このような理由で汗が出ない人も多いようですが、汗を上手にかかせるのは普段から汗をかくことを続けることが重要です。上手な汗のトレーニング法を紹介します。

・夏でもシャワーでなく湯船に浸かってお風呂に入って下さい。半身浴は最適であり、38度から39℃程度のお風呂にゆっくりと入って汗腺を刺激しましょう。

・足湯、手湯(お湯の入った洗面器に両手を入れる)を20分程度行い十分に汗をかかせて下さい。足と手を温めるだけですが、額から身体全体に汗が出てきます。

・ウォーキングなどの運動をこまめに行って下さい。(涼しい時間帯に)運動による発汗促進はとても良いので積極的に行い、汗をかく体質を作りましょう。

・空調設備(クーラー)の使用は控えめにして下さい。外気温との温度差を5℃以内に設定し、自律神経を麻痺させないように注意して下さい。

・運動など汗をかくことを想定する場合は、日焼け止め以外のメイクは取るようにして下さい。化粧品は皮膚の汗腺を詰まらせる可能性があり、発汗作用の障害になってしまいます。

・夏の水分は早め早めに取ることを心がけましょう。水分の吸収には20~30分程度かかるので、早めに給水が必要になります。

上手な汗をかくことは難しいことではなく、日常の生活にちょっと注意をすることで良いのです。「貴方は良い汗かいてますか?」

キャラクター紹介
ページ上部に戻る